快適に仕事を始められるように、お仕事部屋のスマートホーム化を進めているので、現時点でどのようになっているかご紹介したいと思います!

2020年春現在の仕事部屋のスマートホーム化の現状です。

スマートホーム

快適に仕事をスタートするためスマートホーム化

動画でもご紹介しているので、よろしければ併せてご覧下さい!

スマートホーム化に使用している機器類を順に紹介していきます。

Echo Flex モーションセンサーで電源ON!

部屋の出入り口付近のコンセントにAmazon Echo Flexとモーションセンサーを設置。

echo flex

仕事開始時、部屋に入ってきた動きを感知したら各種電源を自動でONするよう設定しています。

またgoogleカレンダーとappleカレンダーをalexaに連携し、その日のスケジュールも読み上げてもらい仕事をスタート。

モーションセンサーの感知条件は1日に1度(12時間経過後まで感知しない)で、その後の部屋の出入りでいちいち感知しないよう設定しています。

スケジュール確認や天候確認他、alexaでの各種音声操作も併せてこの機器で。

スマート家電リモコン

電灯、家電のリモコン類の操作はスマート家電リモコンに登録して操作。

livesmart

現在我が家ではLiveSmartを使用していますが、今ならSwitch Bot Hub Miniが良さそう。価格も4千円前後とお手頃で、物理スイッチが操作できるSwitchBotのハブとしても使用できてお得。

スマートプラグ

各種間接照明類は、

N5ロゴボックスライト

TP-Linkのスマートプラグを利用して、

tp-link スマートプラグ

一括でON/OFFを操作しています。

スマートLEDランプ

リモコン操作が出来なかったダイニングのペンダントライトは電球をTP-LinkのスマートLEDランプニ変えて操作。

スマートLEDランプ

マルチカラー対応で、alexaやスマホアプリとこのランプ単体で操作できるので使い勝手よし。

NFCタグとiPhoneショートカット

Alexaでの操作以外に、iPhoneのショートカットアプリを利用して、

NFCタグで一括操作

NFCタグにiPhoneをタップするだけで、各種電気類の操作ができるように設定しています。

こちらも動画でも紹介しているので併せてご覧ください。

各種電気類の操作と一緒に、家へ帰る際に妻に向けた「帰るメール」もLINEで自動送信するよう設定しています。

設定については、別記事に記載したのでこちらをご覧ください。

スマートロック

sesami mini
玄関の鍵にはスマートロックSesami Miniを取り付けて、alexaでの操作やNFCタグにiPhoneをタップし鍵を開錠できるように設定しています。

NFCタグ

インターホンの横とデスクにNFCタグを置いて、iPhoneで触ると玄関の鍵が開く設定をしています。

という事で、2020年春現在の仕事部屋のスマートホーム化の現状の紹介でした!

また、変更等あれば紹介したいと思います!