自宅に帰宅する際、「今から帰る!」とメッセージを奥さんに送っているんですが、
そのメッセージの送信を自動化したい!

どうしてもLINEで送りたい!

という事で、超便利なiPhone純正アプリ「ショートカット 」を使って、定形メッセージをLINEで送る方法を紹介したいと思います。

「メッセージ」アプリでの定形文の送信は簡単にできるのですが、LINEでのメッセージは一手間かかります。

ちなみに、SMS「メッセージ」アプリで定形文を送る方法や、帰宅時に通知してくれるリマインダーを簡単に作ってくれるショートカット、自宅への経路ナビをすぐ表示してくれるショートカットなどについて、動画でも紹介しているのでよろしければご覧ください。

登録に一手間かかりますが、登録が完了したら、
siriでフレーズを話しかけるだけでLINEを送信したり、
ホーム画面にショートカットを追加してワンタップで送信できたり、
NFCタグにオートメーションを登録して送信したり、
簡単にLINEで定形文が送信できるようになります!

IFTTTとショートカットを使ってLINE定形文を送る!

現状ショートカットアプリ単体では実現できないので、IFTTTを経由してメッセージを送ることになります。

IFTTTアカウントを持っていない方は、下記サイトなどを参考に新しくアカウントを作成下さい

レシピを作成

WebhockとLINEを使ったレシピを作っていきます。

iftttのレシピ作成

Thisに「webhock」を選択

webhocksを選択

Event Nameを「sendline」など自由に入力。このあと、イベントネームが必要になるので覚えておく。

イベントネームを入力

続いて、ThatにLINEを選択。

thatを入力

アカウントを紐づけて「Send message」を選択。

LINEを選択

送信先と送るメッセージを入力し、「Create action」

送信先はグループしか選択できないので、新しくグループを作成するなどで対応して下さい。

グループとメッセージ

Webhocks送信urlの準備

続いて、作成したレシピの「Webhocks」を選択。

「Get more」を選択し、「Documentation」を開きます。

IFTTT Webhocks

Your key is: 〇〇

Man a POST or GET web request to:下に記載された、

「https://maker.ifttt.com/trigger/{event}/with/key/〇〇」

の部分をコピー。

YOur key

{event}の部分に、レシピ作成時に入力した「Event Name」を入力し、メモ帳などに貼り付けておいて下さい。

このWebhockをトリガーに色々なことが自動化できるので、これを覚えておくと色々なことに応用できます。

LINEグループの準備

続いて、LINEアプリからの準備。

LINEとIFTTTを連携すると「LINE Notify」から下記のようなメッセージが届くので、

LINE Notify

定形文を送信する先に設定したグループのメンバーに追加します。

メンバーに追加

ショートカットの作成

最後にショートカットアプリから新規ショートカットの作成。

「新規ショートカット」作成から、アクションの追加。

「テキスト」を追加し、先ほどメモ帳などに貼り付けておいたurlをペースト。

続いて、「URLの内容を取得」のアクションを追加。方法を「POST」にし、完了!

ショートカット 作成

好きなショートカット名を登録します。

これで、ショートカットから定形文のLINEメッセージが送れるようになりました!

色々な方法でLINE定形文を送信

登録完了したらあとは送るだけ!

LINEメッセージ

ショートカット名をsiriで話しかけて送信したり、
ホーム画面にショートカットを追加してワンタップで送信したり、
NFCタグにオートメーションを登録して送信したり、
簡単にLINEで定形文が送信できます!