のりごとー( @nori510 )です。

先日、「立ってパソコン、はじめました」とお伝えしましたが、このスタンディングと座り作業を交互に繰り返すスタイルが思った以上に快適でした。

一度導入したら中々交換や買い替えがしにくいデスクですが、この程より本格的にスタンディングスタイルで作業が快適に行える様にと、「FLEXISPOT 電動昇降デスク」を僕のPCルームに導入することにしました。

導入したFLEXISPOTスタンディングデスクの紹介と、このデスクを使ってのスタンディングスタイルでの作業の感想をご紹介していきます。

立って作業

SPONSORED LINK

FLEXISPOT 電動式スタンディングデスク

中々億劫なデスクの交換。

気がつけば大人になっても小学校時代に買ってもらった学習デスクのまま。なんて方もいるのではないでしょうか。

とても億劫な作業ですし、折角導入するのならば快適な作業空間にしたい。

迷いましたが、広いデスク空間が確保できて電動で昇降し、座り作業も立ち作業も快適に行えそうなFLEXISPOTスタンディングデスクの導入を決めました。

FLEXISPOT導入

デスクのスペックと良い点

本格的にスタンディング作業をしようと思ったらやっぱり電動は楽で快適。

デスクの主なスペックと良い点を箇条書きにまとめると以下のような感じ。

  • 昇降範囲:60cm~123cmで無段階調整可能
  • 座り作業時の高さも自分のベストに調節出来る
  • 天板別売りで脚の幅調節可能な為、幅110~180cmの好みの天板も使える
  • ワンタッチのメモリ機能で指定の高さ3パターン登録可
  • 耐荷重80kgで天板上に気にせずモノを置ける
  • 本体重量25kg
  • アラーム機能があり、作業スタイルの変更の目安に使える

特に気に入った点などをご紹介していきます。

座り作業時の高さも自分のベストに調節が◎

基本の座り作業姿勢として、座り作業のシンデレラサイズにデスクを簡単に調整できるというのがとても良かった。

昇降範囲は60cm~123cmまで無段階で調節可能なので、立ったスタイルでの位置調整は勿論なんですが、座った際のベストの高さにデスクを調整出来てしまうのが良い。

普通のデスクだと、当然デスクの高さは固定でデスクチェアの高さを調節して合わせる訳ですが、デスクの高さが昇降できれば、デスクの高さをより自然な自分のピッタリの座り位置に調整できるということ。

座って作業

スタンディング作業をしなくても、このシンデレラサイズのデスク高に出来るというだけでも魅力的です。

3パターン登録

そして、年とともにこのベストの高さが変わったとしても、今後簡単に無段階で調整出来ると言うのは魅惑的。

好みの天板を使用可能で広大な天板スペースが確保できる

脚の幅は110cm~180cmまで調整可能なので、高さだけでなく幅も自分の好きな作業スペースを確保できます。

また電動昇降する足部分と天板部分が別売りなので、自分好みに合った天板を取り付けて使うことも可能。

ホワイト天板

今回ボクは既存のホワイトの天板(幅140cm奥行き70cm)を使用しましたが、無垢材の天板を使いたい!など、こだわりのデスクに仕上げることも出来てしまう訳です。

脚はシンプルな工の字型なので、天板を変えるだけで一気に雰囲気が変わりそうです。

ワンタッチで3パターンの高さに調節楽々

高さは3パターンの登録が可能です。

よく使用する高さを登録しておけば、ボタンのワンタッチで自動で登録した高さにデスク高を調節してくれます。

3パターンの高さ登録

座り作業の際の高さと、

最低高60cm

(写真は最低高の60cm)

スタンディング作業の時の高さを、ボタン一つで自動で簡単に切替可能。

最高123cm

本格的にスタンディング作業をしようと思ったらやっぱり電動で昇降してくれるのはとても楽で快適。ワンタッチで好みの高さにスムーズにデスクが動いてくれるので、嬉しくなってしまいます。

その他の感想

本体重量は25kgとソコソコ重く大きいので、ダンボールからの開封と処分が結構難儀でした。

ダンボールから

開封から組み立てを含んだ動画も公開しているので、参考にどうぞ。

ダンボールを開封して、中身を出してからはネジを絞めながら組み立てるだけで比較的楽に完成までいけました。

組み立てる前のアイテム

1人で開封から組み立てまで行いましたが、2人で作業できればスムーズに行えそうです。

僕は天板裏に電源タップを固定して、コンセントから天板までのコードを制限してスムーズに昇降するようにしたのですが、組み立てた後のPC環境の設置に際して、デスクが昇降するのでデスク上の電源コード関係の処理も一手間あるのかなぁと思います。

設置までは少し手間ではありますが、これらが済んでしまえばあとは便利に使うだけ。

脚先はオプションでキャスターに変更も出来るので、デスクを気軽に移動したい方にも嬉しいですね。

オプションのキャスター

まとめ

基本は座り作業で、身体が凝ってきたり煮詰まってきたら立ち作業に切り替え。

これが今までなかった感覚で、肩こりや腰痛もちの身としてもいいですし、立って作業に切り替えるとじっと座っている時とは別の頭が働き作業が捗るような気がします。

スタンディングデスク状態だとPC作業と別の作業からの復帰が自然で、立って座ってがない分スムーズで「ながら」作業にもうってつけだなぁと思います。

という事で、僕のPC部屋に電動昇降デスクを導入しました!というご紹介でした。