Youtbeなどの動画を撮影する際の音声(主に喋り超え)収録の質をもうちょっと向上させたい!と思い、どんな方法が一番気軽で効果があがるか検討しました。

ちなみに今までは、カメラの内蔵マイクやDSLRカメラ用の外部マイクを使っていました。(今も使っていますが)

ショットガンマイクの購入や部屋の壁に反響防止材を貼るなどの方法を比較検討した結果、決めたのがピンマイクの購入。

買った物や音声のサンプル、検討材料など紹介したいと思います。

ピンマイク収録

SPONSORED LINK

音声はピンマイクRODE smartLav+とPCMレコーダーで外部収録

今まで部屋でyoutubeなど動画を撮影する際に、カメラから少しでも離れて喋ると反響音が盛大に入った正直結構聞きづらい音声が収録されて悩んでいました。

また、車内や野外での撮影だとエアコンやロードノイズや風切音であまり聞き心地のよくない音だったので、なんとかしたいなぁと思っていました。

ショットガンマイクを検討

まずは、指向性の高いショットガンマイクの購入を検討。

「RODE NTG-2」などがコストパフォーマンスが高そうでよいなぁと思っていました。

これに決めようと思ったのですが、指向性が高く一点の音声を収録するにはとても最適なショットガンマイクですが、結構フラフラと移動しながら収録することが多いので、その事を考えるとうーん。

腰を据えて収録する際は勿論良いんですが、ぱっぱと移動しながら撮影することが多いのでちょっとちがうかもなぁと思いとどまりました。

まぁ今後買おうと思ってはいるんですが笑

ピンマイクの購入を決定

で、ピンマイクならば常に身体に身につけられるので、移動しながらでもマイクと口の位置は変わらないので自由に動きまわって撮影してもOK。という事で、ピンマイクを購入することに。

ワイヤレスか外部収録か

ピンマイクを使って音声を収録する際は、カメラにワイヤレスで飛ばして収録するのかはたまた、PCMレコーダーに別収録するのがよいか。

どうせならワイヤレスでカメラに飛ばして収録する方法が音声を映像も1ファイルで管理できるので良いかなぁとワイヤレスのピンマイクを物色して比較。

これもショットガンマイクと同じくRODEのRODELINK Filmmaker Kitが良いかなぁと思ったのですが価格が5万近くとわりとわりと。

それなら音声は別ファイルになってしまうけど、単体のピンマイクとPCMレコーダーで別撮りしても良いんじゃないかと思い至ります。

まぁいずれ買おうと思っているんですが笑

という事で色々と紆余曲折ありながら、とりあえずピンマイク(ラベリアマイク)で音声は別撮りすることにしました。

ピンマイクの検討

これまた、色々なブログやサイトやYoutubeなど色々と見漁り、辿り着いたのが価格と音質のバランスがとれた非常に優秀な機種 RODE smartLav+。

スマホ専用のピンマイクとして設計されたスマホでしか使用できない機種なんですが、非常にクリアでノイズレスな音で、これだ!と思いましたが、iPhone7からオーディオ端子が廃止されており、僕が使っているiPhone7では残念ながら使用不可。

これまた再検討かと思ったのですが、変換アダプターのSC3というものをかませることで、スマホ以外の端末の通常のマイク端子でも使用できるようになる事を知り、上記の「RODE smartLab+」と合わせて購入。

リニアPCMレコーダーのtascam DR-05が手元にあったので、ただいまこれに接続して使用しておりますが、とてもクリアな音質でバランス良く収録できて現状とても気に入っております。

ラベリアマイク+PCMレコーダー

RODE smartLab+ DR-05のサンプル音声 比較

こちらは、以前の反響音が大きなDSLRカメラ用の外部マイクで収録した動画。

こちらは、ピンマイクRODE smartLab+とDR-05で別撮りした音声の動画です。

聴き比べてみると一目瞭然。かなり音節の質が変わっているのがわかると思います。

今欲しいピンマイクレコーダー

少し前にTASCAMから超小型のピンマイクレコーダーDR-10Lという機器が発売されています。

現在使っているtascam DR-05で特に困っているわけではないのですが、外に持ち出す際少しでも荷物を軽くしたいので、サイズ的に三分の一からヘタしたら四分の一程しかない小型のピンマイクレコーダー「DR-10L」が欲しいなぁと狙いをつけています。

単三電池一本で稼働して本体裏には色々な所に簡単に挟めるクリップが付いてとても使いやすそう。

ピンマイクもレコーダーに付属していてレビューの動画など見てみてもとても良さそうで魅力的。

機会をみて追加でこちらも買いたいなぁと思っています。

という事で、最近の動画の音声関係で欲しいものなど現状の紹介でした。

欲しいものが沢山です。。