先日、USB3.0対応のMacで使えるブルーレイドライブを購入しました。

Macの標準機能ではブルーレイディスクの再生が出来ません。

しかし折角購入したブルーレイドライブなので、マックでブルーレイディスクの再生がしたいと思い、人気メディアプレーヤーVLCを使って無料で再生出来る環境を構築してみたので、その手順をご紹介したいと思います。

DSC 0008  2015 03 16 13 13 51

SPONSORED LINK

【マック】VLCを使って無料でBlue-rayを再生する手順

では、手順を順番に説明していきます。

1.VLC Media Playerをインストール

まずは、オープンソースのフリーソフト「VLCメディアプレイヤー」をインストールします。

下記サイトから「VLCのダウンロード」をクリック。

VideoLAN – オープンソースのビデオフレームワークであるVLCメディアプレイヤーの公式ホームページ

ダウンロードしたファイルを開いたら「VLC.app」を「Applications」フォルダにドラッグ&ドロップすればインストール作業は完了です。

スクリーンショット 2015 03 16 13 37 27

2.ライブラリをダウンロード

続いて、ブルーレイを再生するために必要なライブラリを2つダウンロードします。

ライブラリを配布しているサイトから、

VLC Blu-Ray

KEYS DATABASEの「get the file」をクリックして「KEYDB.cfg
」というファイルと、AACS dynamic library Mac OSの「that file」をクリックして「libaacs.dylib」という2つのファイルをダウンロード。

スクリーンショット 2015 03 16 14 43 04

3.「libaacs.dylib」ライブラリのインストール

Finderを表示し、ホームフォルダ(ユーザー名のフォルダ)に「lib」というフォルダを新しく作成します。

スクリーンショット 2015 03 16 13 50 45

新しく作成した「lib」フォルダに、先ほどダウンロードした「libaacs.dylib」ファイルをコピー(移動)します。

スクリーンショット 2015 03 16 13 50 51

4.「KEYDB.cfg」ライブラリのインストール

もう一度Finderを表示し、shift+command+G(メニュー「移動」→「フォルダへ移動」を選択でも可)、「~/Library/Preferences/」と入力します。

スクリーンショット 2015 03 16 14 11 08

「Preferences」フォルダに移動したら、「aacs」という新しいフォルダを作成します。

スクリーンショット 2015 03 16 13 50 34

続いて「aacs」フォルダに「KEYDB.cfg」をコピー(移動)します。

スクリーンショット 2015 03 16 13 50 19

コレで、ブルーレイを再生する準備は完了。

5.VLCプレイヤーで再生

ブルーレイドライブに再生したいブルーレイディスクを入れ、

DSC 0008  2015 03 16 13 13 51

VLCメディアプレイヤーを起動して、「メディアを開く…」から、

スクリーンショット 2015 03 16 13 52 48

「ディスク」→「開く」を選択すれば、

スクリーンショット 2015 03 16 13 52 57

ブルーレイディスクの映像が再生されます。

スクリーンショット 2015 03 16 13 53 59

日本語字幕や音声の変更方法

音声の変更は「メニュー」から「オーディオ」→「オーディオトラックの変更」から。

字幕の変更は「メニュー」から「字幕」→「字幕トラック」で変更できます。

スクリーンショット 2015 03 16 14 15 40

再生できない場合

VLCのライブラリが最新のガード規格には対応していないようで、再生できない場合は「Mac Blu-ray Player」などの有料ソフトを使用するしかなさそうです。

使用したブルーレイディスク

「Logitec LBD-PME6U3LBK」というブルーレイドライブを使ってテストしました。

Macで問題なく使用でき、USB3.0対応バスパワーで稼働する安価なブルーレイドライブでオススメです。