バッファローが、エンジンストップと共に自動的に駐車位置を記録してくれる車探索車載センサー『BSBT4PT03』を2014年2月上旬より発売すると発表しました。

NewImage

『BSBT4PT03』は、車のシガーソケットに挿しこむ車載センサー。
BluetoothでiPhone用無料アプリ「さがせ~る」と通信し、車のエンジンを止めBluetooth信号がストップした際に、iPhoneアプリ「さがせ~る」がBlurtoothのペアリングが切れた場所の位置情報を自動的に地図上に記録するという製品。

エンジンのオフだけで車の駐車場所を記録するので、自分で駐車位置を記録する手間がかからないというのは、中々便利な気がします。

iPhone用無料アプリ「Saga-Cell(さがせ~る)」で、規則された駐車場の車までの経路を表示する事で、迷うことなく自分の車へ簡単に戻れます。車までのルートも表示可能との事です。

NewImage

なお、充電用USBポート(出力1A)も搭載しているので、iPhoneなどのスマートフォンの充電も行えるという事なので、普段は充電ポートとして意識せず使い、「あれ?そう言えば駐車場ドコに止めたっけ?」という時に自動で登録されているGPS記録を頼りに車を探すという使い方になりそうですね。

何気に気になる製品です。

(via:iPhoneで駐車場所が簡単に見つかる。 エンジンを止めた場所をGPSで自動記録して地図上に表示する 車探索システム「見つCar~る」が使える車載センサーを発売 | プレスリリース)