DSC 0819

どこでも、誰でも、本当にお手軽に出来てしまうスポーツ、ランニング。

最近、夏に向けてダイエットがてら毎日走っているんですが、どうせなら気持ちよく走りたい!

ランニング管理はiPhone5を使っており、ランニング中のiPhone5の収納場所に迷っていました。

パンツのポケットに入れておくのも微妙、という事でiPhone5に最適化されたスポーツアームバンド XtremeMacのスポーツラップ『IPP-SPN-13』を購入したのでレビューします!

SPONSORED LINK

iPhone5でランニング管理するならスポーツアームバンド XtremeMac『IPP-SPN-13』がイイ感じ!

コチラが届いた、XtremeMacの二の腕にiPhoneを固定するタイプのスポーツアームバンド。

DSC 0776

使ってみて、ランニング中はやっぱり二の腕にiPhoneを固定するのが一番シックリくるなぁと思いました。

ランニング中に困る鍵ケース付き

ランニングで家を出る時、余計なものはなにも持って行きたくないんですが、家の鍵だけは必要。

パンツのポケットに鍵を入れてランニングしていると、落としてしまうんじゃないかといつも心配だったんですが、こちらはアームバンド内に鍵の収納ができるので鍵の紛失の心配もなくなり、安心してランニングできます。

DSC 0778

ケース付きのiPhone5を収納してみた!

iPhone5にピッタリサイズのアームバンドなんですが、収縮素材なので薄いケースならばなんとか収納出来ました。

DSC 0787

ただし、やっぱりキツキツになってしまうので裸での収納がベストです。

DSC 0789

ケース収納時の視認性

ケースの画面部分は透明ですが、日光に照らされると若干見づらくなりますが、見えないという程ではないです。
DSC 0790

ケース収納時の操作感

収納したケースの上からもiPhoneの操作を行うことが出来ます。

DSC 0794

裸の時の操作感とはやはり違いますが、指の動きに問題なく反応してくれます。

DSC 0792

電源ボタン イヤフォンジャックの穴

電源ボタンやイヤフォンジャックは、使用できるようにケースに穴が開いています。

DSC 0798

長いイヤフォンコードは巻いて調節可能

有線のイヤフォンを付けてランニングする方には嬉しいコード調整付き。

長いイヤフォンコードのあまりは巻きつけて、長さの調整が出来るフックが付いています。

Skitched 20130607 095003

ホールド感バッチリ

二の腕にアームバンドを固定して走る訳ですが、今まで一度も外れて落ちるというような事なく、しっかりと腕に固定出来ています。

ランニングでiPhone使うならアームバンド

多少腕が蒸れるのが気にならないでもないですが、走っていて邪魔になることもなく、やっぱりランニング中にiPhoneを使うならアームバンドが一番使いやすいなぁと思いました。

ランニングに嬉しいキー収納や、コード巻き取りも付いたXtremeMacのアームバンド、とても使いやすくてイイです!

iPhone5を使ってランニングするなら、オススメです!