DSC 0975

新鮮過ぎるイカの活造りを、お昼限定でリーズナブルに食べられる老舗の活魚料理専門店が博多中洲にある。

食事をするテーブルの目の前の「いけす」に泳ぐ、きらきらと透きとおるイカをその場で捌く、イカの活造りの元祖だという『河太郎』

博多在住のグルメブロガー@ushigyuさん御用達のお店。

博多グルメは魚介類を忘れてもらっちゃ困る!という事で、ushigyuさんと一緒に行ってきました。

SPONSORED LINK

【博多 中洲】呼子のイカの元祖!活魚料理専門店の老舗『河太郎』

天神から徒歩圏内にある、中洲「河太郎」

趣ある外観。さすが、創業50年の活魚料理専門店の老舗です。

DSC 0967

店内、テーブルカウンター席に通されると、目の前にイカが大量に泳ぐイケスが!!

DSC 0989

注文を受けてから、潮の香り溢れる大きなイケスの中を泳ぎまわるイカを捕まえて捌くシステムです。

DSC 0974

見ているだけでワクワクします。

赤色から無職透明に変わるイカ!

途中、ストレスが溜まると真っ赤に色を変えるというイカが、

DSC 0987

放流されると、スーっと無色透明に変わっていく姿を見ることが出来たのですが、本当に興味深く楽しかったです。

DSC 0988

イケスの中に仕入れてきたイカを放流する場面など、食事以外にも眼で楽しむことが出来るのは、非常に面白いと思いました。

いか活造り定食1,980円

私が注文したのは、お昼限定で大変リーズナブルな値段で食べられる「いか活造り定食1,980円」

「小鉢/いか活造り(後天ぷら)/いかしゅうまい/焚き出し/御飯/味噌汁/デザート」が付いて、この値段は本当にお得だと思います。

目の前のイケスから取り、腕自慢の板前が包丁を入れて出してくれた「イカの活造り」

DSC 0975

甘く透きとおったイカの身を、ほお張った時のあの幸せ。

DSC 0976

まったりと甘く、コリッとしていて、さわやかな口当たり。

DSC 0978

一口口にしたら、イカってこんなに美味かったのか!と、そのイカの美味しさの虜になってしまいました。

九州の刺身醤油を付けたイカと一緒に食べる御飯がまた美味しい。小鉢、焚き出し、、味噌汁もよく合います。

DSC 0982

そして、いかしゅうまい。口いっぱいに広がるふんわり感と、プリプリの歯ごたえがたまりませんでした。

DSC 0983

イカの活造りの足の余りは、中居さんが下げたと思ったら、スグに天ぷらにして持ってきてくれました。

粗塩につけて食べる揚げたてのイカの天ぷらもホント美味しかった。

DSC 0984

鯵活造り定食 1,980円

@ushigyuさんが頼んだ鯵(アジ)の活き造り定食。

DSC 0979

アジの押し寿司。

DSC 0980

少し頂いた、アジの刺身、アジの押し寿司も新鮮で抜群に美味しかった。

イケスを目の前にしたこれだけの空間で、美味しい料理をお昼限定とはいえ、1980円で食べられてしまう『河太郎』

めちゃくちゃ満足いくお店でした!博多行ったらまた行きたいです!

河太郎 店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区中洲1-6-6
最寄り駅: 中洲川端駅から563m
TEL: 092-271-2133
公式site:河太郎ネット通販 | 福岡・博多のいけす料理屋 元祖いかの活造り 河太郎 中洲本店
営業時間: 12:00~14:00(L.O.14:00)
17:00~23:00(L.O.22:30) ランチ営業、夜10時以降入店可、日