photo credit: minxlj via photo pin cc

どーもノリ五藤(nori510)です。

iOS5のリリース後、iPhoneをPCのiTunesに接続しなくても、iPhone単体でアップデートができるようになりました。

が、頻繁にアップデートがあるわけではないので、どうやってやるか忘れてました。

と言う事で、アップデートの手順をご紹介させて頂きます。

SPONSORED LINK

iPhoneだけでiOSのアップデートする手順

念のため、アップデート前にiPhoneのバックアップをとっておくと良いと思います。

設定

まずは「設定アプリ」をたちあげて、

「一般」から、

iPhone設定の一般

「ソフトウェア・アップデート」を選択。

設定ソフトウェアアップデート

どんなアップデートなのか確認して、画面最下部の「ダウンロードしてインストール」を押下。

ダウンロードしてインストール

利用条件、利用規約が表示されるので、「同意する」をタップします。
利用規約

電源に接続していないと、「電源を接続するとバッテリーの節約になるよ」というようなアラートが表示されます。

すると、すぐにダウンロードとインストールが始まります。

ダウンロードとインストール開始

ダウンロード、インストールで再起動が済んだら、iOSのアップデートは完了です。

アップデートの確認

念のため、もう一度「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を確認してみると、最新のソフトウェアと表示されていれば、無事アップデートは完了しています。

最新のソフトウェア

PCに接続して云々がiOS5でなくなって、ほんとにお手軽にOSアップデートが出来るようになりました。

関連記事

iphone もう一度見直すべき14の設定項目 | nori510.com

やってなかった。。「一括設定」プロファイルでソフトバンクWi-Fiスポットって簡単に利用できるんだね。。 | nori510.com