どーも。千円コーディネーターの@nori510です。

たった千円でどこまでオシャレな全身コーディネートが出来るかにチャレンジする、巷でスマッシュムーブメントを巻き起こしている当企画「千円でトータルコーディネイト」

まだの人はコチラから→「千円でトータルコーディネイト

今回のチャレンジャーはなんと、超人気ブログ「覚醒する?CDiP」を運営されているiPhoneブログ界の至宝@donpy氏。「我こそは!!」と千円コーデチャレンジに自ら手を上げてくれました。

@CDiP
あのiPhoneブログ「CDiP」

あの人気ブロガーのdonpy氏が、千円コーデ!?…だと。。という興奮を抑えられない私は、早速関西在住のdonpy氏に予定を取り付け、大阪へ飛びました。

ソレでは、関西iPhoneブログ界の阪神@donpy氏が如何にたった千円でトータルに着こなすかを、どうぞご覧下さい。

SPONSORED LINK

覚醒する?CDiPのdonpy 千円コーディネート テーマ「HIP HOP」

今回千円コーデを始めるに当たって、超人気ブログ運営などで多忙を極めるだろうdonpy氏から、「コーディネートはnori510さんに任せますですー。noriさんのセンスを信用してます、見繕っておいて下さい。」というお言葉を頂いていました。従いまして、今回は初のnori510プロデュースによる千円コーディネートとなります。

テーマ選び

まずは、どんな千円コーデにするのかというキモ。最も重要なテーマ選びから。

私が人のテーマを決めるのは初めての試み。当然その人その人の、人となりにあったテーマを選ばなければならない。

そうだ、自分も同じ身になって考えてみようと、自ら五百円コーデに身を包み、河原のテトラポットの上、一人になり考えてみた。

P1010372

寒空の下河原のテトラポットで一人考えるnori510 ※トータル500円

donpy氏の運営されているブログ「覚醒する?CDiP」は、iPhoneの良さをもっともっと世の中に広める為、情報を発信していこうという気持ちがヒシヒシと伝わってくる素晴らしいブログ。

という事で、「よし、そうだな。まぁHIP HOPにしとくか。」と、テーマを「HIP HOP」に決めた。

あぁこんなにスグ決まるなら、河原なんて行かなきゃよかった。。

千円分のコーデアイテムを購入

そしてテーマが決まれば、あとは買うだけ。

お決まりのDISつまり、ブティックダイソーにてdonpy氏の魂のこもったライムを想像しながら、アイテムを千円分(税込1,050円)購入。

P1010344

ダイソー木曽川アピタ店で千円分のアイテムを購入するnori510

相手の喜ぶ姿を想像しながら、人のコーディネートを選ぶのは、思いの外楽しかった。

donpy氏も、「こんな素敵なHIP HOP スタイルが出来るなんて!」と喜んでくれるであろう、いや歓喜の雄叫びをあげるに違いない。

そして大阪へ

やるコトはやった。さて、このアイテムでdonpy氏がどんな千円コーデを魅せてくれるか、私は意気揚々と千円分のアイテム片手に、大阪へ向かった。

P1010359

購入したアイテムを持って、一路大阪へ

大阪での千円コーデお披露目パーティー

今回の千円コーデは、「DJ donpyのHIPHOPパーティーの為に集まったオーディエンスの前で、千円コーデファッションをお披露目する」という初の試み。

ソレでは、私がアイテムをチョイスしたdonpy氏の千円コーデ、テーマは「HIP HOP」早速ご覧下さい。

1.前室でのdonpy

「ドンピさん、ソロソロ準備をお願いします。」と伝へ、前室に移動。用意した千円コーデアイテムに着替えて頂いた。

前室で早速千円コーデに身を包み、準備運動に余念がないdonpy氏。DJっぽいアクションの確認作業だ!

そして、お披露目パーティー開演直前。鏡を前に手をプルプルと振りながら、自らのファッションのチェックに余念がないdonpy氏。

見るからに着こなしはバッチリだが、「コレ、大丈夫なん?」と少し不安そうな声を漏らす。

そんなdonpy氏に「大丈夫です、カッコいいですよ!donpyさん、ソロソロお時間です。」と声を掛ける。

いよいよパーティー会場へ向かうdonpy氏。やはり、幾分顔に緊張の色が見受けられる。

2.party会場でのdonpy

がしかし、パーティーが始まれば、やはり氏も一流のブロガーである。私の眼に狂いはなかった。

Donpy氏は天性のHIP HOPソウルを爆発させ、

多数のオーディエンスに取り囲まれながらもヒップホッパーとして大いに応える。

写真からもdonpy氏のリリックが聞こえてきそうな、見事な横ノリの着こなしだ。

誰がどう見ても、HIPHOPアーティスト、見紛うコトなきDJである。コレが、僅か千円でのトータルコーディネートなのだから驚きだ。

前室では少し不安そうな顔を覗かせたdonpy氏だったが、パーリータイムが終わる頃には心なしか満足そうな顔を垣間見る事が出来た。

私もその顔を見て、ホッと肩をなでおろした。アイテムをチョイスしていた責任感から私も、実は少し不安だったのだ。

donpy氏、あなたがNo1千円コーデHIPHOPアーティストだ!

そして、コレがdonpy氏の千円コーデだ!

今回のまとめ

アイテムを私が見繕って、donpy氏に着て頂く形で行われた今回の千円コーデ。

私が思い描き想像していた着こなしの、遥か上の高いレベルの着こなしを魅せてくれたdonpy氏。

たった千円でのトータルコーディネートと言う事で、ついそのアイテムにばかり目がいきがちなのだが、やはり一番大切なのはそのアイテムを着こなす「人」そのものなのだという事を、改めて思い出させてくれた。

千円のアイテムだからこそ、小手先のアイテムの着こなしなんかではない、剥き出しになる人の魅力と言うものがある。

そんな忘れてはならない「人」としての魅力を高めるコトを改めて考えさせてくれたdonpy氏に、改めて感謝したい。

いつも多くの気づきをもたらしてくれる千円コーデ。これだから千円コーデは面白い。

これからも、千円コーデ道を追い求めていきたい。改めて、強くそう思った。