のりごとー( @nori510 )です!

漢なら当然憧れる戦う男達。軍隊の兵士達が、軍事行動中に食べる食料がある。

それが『レーション』

各国の軍隊毎、様々な種類の「レーション」があるのですが、その中でアメリカ軍のレーションを『MRE』と呼びます。

※MREはMeal, Ready-to-Eatの略

つまり漢の憧れの食料がレーションな訳で、先日『モグラ捕り名人』こと、横山さんにお会いした時に頂いたので早速食べてみました!

SPONSORED LINK

憧れのアメリカ軍のレーション試食!

コレが、米軍のレーション[MRE]です!ゴトウさん!どうぞ!」と、居酒屋(風来坊)には不釣り合いな米軍兵の様なキリッとした表情で、渡してくれました。

この人、なんでMREを持っているんだ!?横山さん、何者なんだ!?と思いましたが、詳細はわからず。

兎に角、貰ったからには食べてみることにしました。

レーション MREの詳細

が、食べる前にまずは、レーションについて知らなければと少し調べてみました。

レーション (ration) は、本来は食料などの配給品(特に期間を区切って支給されるもの)であるが、一般的には軍隊において軍事行動中に各兵員に配給される食糧(コンバット・レーション)を指すことが多い。本項ではこのコンバットレーションについて記述する。

日本では野戦食(やせんしょく)や戦闘食(せんとうしょく)、戦闘糧食(せんとうりょうしょく)、野戦糧食(やせんりょうしょく)、携帯口糧(けいたいこうりょう)などと呼ばれる。また正式な用語ではないが、払い下げなどで一般に出回ったコンバットレーションを近年ではミリメシ(military+飯の略)と通称することもある。
レーション – Wikipedia

コチラがMREについて。

MRE(えむあーるいー)は、個包装されたアメリカ軍が採用しているレーション。MREはMeal, Ready-to-Eatの略。1980年代頃からMCIレーション(Cレーション)に取って替わった。

MRE – Wikipedia

ふむふむ、なるほど。よくわからんが兎に角喰おう!

MENU 5 Chicken Breast 早速実食!

このMREには合計24種類ある様で、今回頂いたのがMENU5のチキンのレーション。

コチラが外観。男達のサバイバル感溢れる外観でカッコいいです!さぁ食うぞ!

横から見るとこんな感じ。結構分厚いです。

漢らしく、ビリビリに袋を引き裂いて、開封しました。コチラが中身です。なんと、またまた袋に詰まっていました。

マトリョーシカか!と言ってやりたかったですが、保存食だから仕方ないとグッと堪え、この袋もビリビリに引き裂いて開封。

コチラが、中身全部です。メインのチキンや、パンやチーズ、紅茶のパックなどが入っています。

パッサパサのパンに、

チーズ、

チョコバーに、

M&M。チョコ多いな!

そして、スプーン。

その他に、主食のチキンと謎の穀類1品(後述)、ミントガム、塩、ナプキン、粉末ジュースが入っていました。

レーションの食べ方 調理法

基本的にそのまま食べるものですが、主食は付属の加熱ヒーターを使って温めて食べます。

こちらが、FRH(フレームレス・レーション・ヒーター、無煙加熱用のヒーター)。

この袋の上部分を切り、

「DO NOT OVERFILL」の線の部分まで、

水を注ぎます。

すると、発熱してくるので、この袋の中に主食と、穀類を入れて温めます。一品づつ5~6分程温めます。

かなり熱くなるので、主食が入っていた箱のなかに入れて、

こんな感じに、水が零れないように少し傾けて、温まるのを待ちます。

コチラが出来上がった、チキン。

そして、謎の穀類です。

レーションの味 まとめ

全て食べたのですが、パンもチキンも穀類も、どれも保存食だけあって非常にケミカルな味わいでした。

薬っぽくて、とても美味しくない。…正直マズい!

常食したいとはとても思えない、なんともケミカルな味わいでした。

が、火がなくても食料を温めて食べられるような工夫など、少し軍人になった気分でとてもいい経験が出来ました!