予定も分単位などである訳でもないので、iPhone標準のカレンダーappで予定管理しています。どーもノリ五藤(nori510)です。

今回は既存イベントの時間を、素早く尚且つ便利に変更する方法をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

[iPhone純正app]カレンダーで既存イベントの時間日にちを素早く簡単に変更する方法

通常、カレンダーのイベントの予定時間を変更する際は、3タップ程手間がかかります。

イベントの詳細から、「編集」をタップして、
Skitched 20120502 110533

開始時間、終了時間をタップして、
Skitched 20120502 110612

3タップ目にしてやっとこさ、時間の変更です。

Skitched 20120502 110828

こんなに手間をかけずにイベントの調整を剃る方法です。

iOS5の新機能 カレンダー 既存イベントのタップ長押しで時間変更と調整

まずは、イベント時間の変更から。

イベント時間を簡単に変更する方法

非表示画面にして、時間を移動したいイベントを長押しタップ。

Skitched 20120502 110945

そのまま指を離さず画面を移動すれば、簡単にイベント時間を移動できます。

Skitched 20120502 111128

長押しタップしたまま、横の移動させれば当然、日付の変更も簡単に出来てしまいます。

Skitched 20120502 111251

簡単に時間の変更が出来てしまいます。いやぁ、恐ろしく便利ですね。

イベント時間を簡単に調整する方法

時間の変更が出来れば、時間の調整もとっても簡単に出来てしまいます。

調整したいイベントを長押しタップして、右上と左下に丸いポッチが現れたら、コレを好みの時間まで移動させてあげるだけ。
Skitched 20120502 113246

これだけで、イベントの時間を簡単に変更出来てしまいます。

いやぁイベント調整も超簡単ですね。

おわりに

iPhoneに長押しタップありですね。長押しで広がるiPhoneの利便。

カレンダーの既存イベントの時間変更も、iOS5から追加されたこの長押しタップを利用してサササッと簡単に変更していきたいです。

関連記事

[iPhone iOS5 ]カレンダーで新規イベントを素早く便利に追加する方法 | nori510.comhatenabookmark

正直知らんかった!iPad safariの戻る/進むボタン,新規タブボタンの長押しで履歴や最近閉じたタブを表示できるなんて。 | nori510.comhatenabookmark

iphone もう一度見直すべき14の設定項目 | nori510.comhatenabookmark