どうも、21世紀の伝説の企画、千円deトータルコーディネートに寄稿させていただく@hawk_aです。

Exception Code.でブログしてます。

Exception Code.
iPhoneとか読書エッセイとか食に関してとか書いてます。
開設して間もないですが、購読してくれたら本気で喜びます。
よろしくお願いします。

まだ1ヶ月も経ってないブログなので軸は定まってませんが、ワクワクしたことを伝えたくて書いてます。
どうか、暖かい目でチヤホヤして下さい。チヤホヤして下さい。

初めて寄稿のお誘いを受けたとき、こんな大人気ブログに僕が足を踏み入れていいのか正直悩みました。1日8時間しか眠れない日が毎日続きました。それでも、「Twitterで僕がしつこいカラミをしているにも関わらず、優しくしてくれた@nori510さんを裏切ることはできない!」と思い、即答でOKさせて頂きました。
本当にありがとうございます。

初の千円deトータルコーディネート、テーマは「小林幸子」にさせて頂きました。
小林幸子さんといえば、毎年紅白歌合戦でゴージャスすぎる衣装を見にまとい、話題になる方です。
ある年はメガサイズの自分を召喚し、ある年は獅子舞に食われるという、僕の憧れるニクい演出を毎年繰り広げます。

「これを千円でできないか…?」

@nori510さんにお話を頂いたときから、この想いは消えませんでした。 ITの世界では、今最新の性能のパソコンが数年後には半額になるという技術革新が起こっています。「これは服の世界でも同じなはずだ」という直感に、もう心は揺るぎませんでした。

「千円でやってやる!」

そう心に決め、いざ、ザ・ブティック・ダイソーへ。

SPONSORED LINK

ダイソーイオン金沢示野SC店で千円deトータルコーディネート ショッピング

まずは@nori510さんの住む名古屋に敬意を払い、かつやでミソカツ定食を食べて気合を入れた僕。

そして行動範囲内で思い付く限り、一番敷地面積が広いブティック、ダイソーイオン金沢示野SC店をチョイス。

IMG_2422

石川はこの雪である。雪を演出に加えられると考えるだけで興奮が抑えられない。天気すら味方に付けられる僕は本当に幸運である。

いざ入店。

IMG_2473
早速入り口でコーディネートの見本を発見した。親切すぎるぞ!ブティックダイソー。もはやコーデカンニングのレベルである。
IMG_2427
入店してすぐに気づいたのは、このダイソーはトップスに特化したブティックであるということだ。
見渡す限り、ボトム類は1点しか見つからなかった。Appleのように、シンプルを追求するのがこの店の信念なのかもしれない。ブティックジョブズとでも名付けよう。

IMG_2524

サイズチェックも欠かさない。経験からして、やはりオシャレはサイジングで決まるのだ。

IMG_2602

悩みに悩んで購入した7点。金額は文句なしの千円である。

IMG_2616

商品はこちら。

カットソー。なんと700円→300円。優しいピンクがどう映えるかを後ほどご覧頂きたい。

IMG_2734

フリース首掛け。100円。ブラックな背景に光るネオンサインがこれから起こるパーティタイムを想像せずにはいられない。

IMG_2735

サングラス。100円。有名人といえばサングラス。この美しいべっ甲のようなフレームラインと美しいブラウンレンズの色合いを2度見せずにはいられない。いられない。

IMG_2732

レギンス。500円→200円。我ながら華麗なる金銭感覚に驚く。このレギンスがどう映えるのかをよく見て欲しい。

IMG_2731

ショートエプロン。100円。ブラックなエプロンでフェロモンを最大限放出するというのか?そう思った方が多いだろう。その答えは後ほど確認していただきたい。

IMG_2736

ビッグモール3m。100円。やはり輝くには金である。純金と見間違えるほどのこの黄金に圧倒される皆さんを想像すると口元がゆるんでしまう。

IMG_2738

お風呂ブーツ。100円。オシャレを語るには切っても切れないアイテム、ブーツ。このアイテムを発見できたことを神に感謝したい。

IMG_2733
 

コレがHawkAの千円トータルコーディネートだ!!

撮影は某雪山。スタジアムツアーにはもってこいの場所である。

IMG_2952
今回はライブを行う小林幸子さんのようなゴージャスさをイメージした。

それがこちらだ。

IMG_2750

ステージ「冬美」から登場したときの会心の一枚

IMG_2800

3階席にいる観客を見つめる一枚

IMG_2811

歴代シングル売り上げ1位「FUROブーツ」で飛び跳ねる一枚
※背景が変わらないのはステージのセットの関係である。

 
IMG_2864

ソウルフルなミュージックをココロで感じている一枚

IMG_2850

2階席の観客を指さす一枚

IMG_2891

中央ステージ「大理石」が浮き上がってきた一枚

IMG_2901

アップテンポな曲「フリースフリマワス」を熱唱する一枚

今回のコーデポイントなど

ブティックダイソーにはブーツがあるということ、フリースをしっかり固定しないと訳がわからなくなること、誰も足を踏み入れてない雪山をブーツで歩くと足が凍りつくことなど、参考にしていただきたい点がたくさんあることがお分かりいただけると思います。

この雪山ステージのように、足場を自ら作らねばならないところでも、どんなに乳首が透けてても、想いがあればやりきれる!という情熱を僕はみなさんに伝えたかったのです。道がないなら作ればいい。金がないなら千円で済ませればいい。この想いを伝えたかったのです。

この記事を書いている途中で神が降臨してしまいました。異常にハードルがあがりすぎている気がして、公開にためらいを感じましたが、我が師匠@nori510さんを裏切ることはできません。

beat氏が、「千円という狭い鳥かごに窮屈に閉じ込められていた、青い鳥を千円コーデの宇宙に開放したメシア(救世主)」なのだとしたならば、僕は遠い宇宙でも想いを絶やすことなく燃やし続け、広大な宇宙に光を灯す「蝶」でありたい。小さくてもいい。弱虫でもいい。ただ、あなたを照らせるなら…

たった千円、されど千円。これだから千円コーディネートは面白い。

最後に

寄稿のお話をくださった、@nori510さん、本当に感謝しています。僕の中での「ブログ」の可能性を引き出してくださったのは他でもない、@nori510さん、あなたです。

辛いこと、へこむこと、生きていれば当然あります。そんなときはnori510.comへくれば大丈夫。初めて千円deトータルコーディネートを見たときそう思いました。
そしてブログを書く目的に悩んでいた僕も、人を楽しませるブログを書きたいと思えるようになりました。

実は千円コーデ、去年の暮れくらいから憧れてました。なのでお誘いを受けたときにはホントに嬉しかったです。

雪が降り続く中の撮影でしたが、撮影してくれた@tarchi_s2には感謝します。彼は粋な男です。s2でハートを表現する男です。彼も千円コーデにチャレンジをして、その姿で僕を撮影してくれました。チャンスがあれば彼のコーデ「森ガール」もお披露目したいです。

最後にもう一度、マジな感じで期待してくれていた@nori510さん、ご期待に添えたでしょうか?本当にありがとうございました。

nori510から一言

敢えて、どう見てもクソ寒い雪山での撮影に挑んだhawk_aさんの姿に胸を打たれました。
如何にテーマが「小林幸子」であろうとも、その姿に「男気」と「橋田寿賀子」を感じずにはいられませんでした。
hawk_aさん素晴らしいパッション(ファッション)溢れる雪山での千円コーデお疲れ様でした。そして、本当にありがとうございました。

追伸:撮影者の「森ガール」も気になる所です。