やはりオシャレはお金かけなきゃ無理ですよ、大体トータルで千円位はかけなきゃ。どーもnori510です。

今回は、盟友@beat910氏が「ちょっと千円トータルコーデやりたい。テーマは[GOD ジーザス・クライスト]
との発言をしていたので、やって頂きました。

千円コーデとは:たった千円ポッキリで、どこまでオシャレに着飾れるかを競うスポーツ。勿論モデル私物一切なしのトータルコーディネート。

SPONSORED LINK

beat910の千円コーデ
「GOD ジーザス・クライスト」

というコトで、今回のbeat910が掲げたテーマは「GOD ジーザス・クライスト

その発言を聞いた時正直、「マジで大丈夫かw。。そのテーマw」と思ったものですが、文字通りの神がかり的な千円コーデを魅せてくれました。

あのクオリティーで、トータル千円とかまさに、神の奇跡。

千円での購入アイテム紹介

それでは早速どんな出来栄えなのかお見せしようと思いますが、その前にまず、beat氏の先鋭的GODファッションがどの様なアイテムで構成されているか紹介します。

ホントにたった千円ですからね。今から紹介するアイテム達でどんなトータルコーディネートになるのか想像しながらご覧下さい。

ちなみに購入は勿論行きつけの先端ファッションショップDIS。ダイソーですね。

それでは早速アイテム紹介。

まずはコチラです。レースカーテン200円。このカーテンをどう使うか見ものです。

そして、3分丈エレガンスズロース。300円→100円。一体エレガンスなズロースってなんなんだ。ズロースがわからないけど、わからない分期待が膨らみます。

健康サンダル200円。そのままですね。

リース飾り(太いタイプ)100円。あぁ。

アイビーバイン100円。コレをさっきのアレにああするのかな。なんとなく目に浮かびますね。想像するだけで、ワクワクが止まらない。

フランスパンサンド(ミルク)100円。beat氏のお決まりですね。

杭丸・角アソート。100円。

そして、あまりに当たり前過ぎて撮影をし忘れましたが、メタルサングラス100円も買いました。

合計金額たった1,000円(税込1,050円)

なんだかアイテム数が少ない気がします。これだけのアイテムでどんなコーデを見せてもらえるのでしょうか。不安半分期待半分。

ちなみに、撮影時の気温は3度。肌に身につけるアイテムが明らかに少ないのですが、大丈夫でしょうか。。

それでは、早速千円コーデに身を包んだbeatの今回撮れた写真達を御覧下さい。

beat910の千円コーデ写真集

想像の斜め上をいく創造主beat。こんな感じに仕上がりました。

IMG 5451

見つめ合うbeat(フランスパンを片手に)

IMG 5446

希望の塔とbeat

IMG 5454

誓うbeat(杭を片手に)

IMG 5463

目指すbeat(杭を掲げて)

IMG 5456

遠くを見つめるbeat(杭とフランスパンを片手に)

IMG 5444

見上げるbeat

IMG 5443

聖樹アダムに横たわるbeat神

IMG 5449

天界の石上で休息するbeat

IMG 5450

希望の塔から地上に降りたったbeat神

IMG 5452

希望の塔に杭を打ちつける堕天使beat

IMG 5453

下からbeat

IMG 5455

希望の塔を登るbeat

IMG 5464

挑むbeat(フランスパンを片手に)

IMG 5462

佇む天使beat
All photo by nori510 撮影地:138タワー 画像編集:Photogene2 for iPhone

コレがbeat910テーマ「GOD」のたった千円でのトータルコーディネートだ!!

今回のコーデポイントと総括

カーテンレースはトップスに使えばいいのか、とかリースと葉はこうやって頭にのせて使えるのか、とかフランスパンってコーデに取り入れると他を引き立たせるな、とか杭を持つことで男らしさがグッと増すなとか、皆さんの今後のファッションの参考になる点が、いくつもあったと思います。

撮影時の気温は3度にも関わらず、全く寒さを感じさせない写真に仕上がっており、そんなところからも神がかり的なファッション(パッション)を感じることが出来ると思います。

が、「たった千円でどこまでオシャレにトータルコーディネート出来るか!」というよりも、もはや「たった千円でどこまで見事に仮装出来るか!」という視点にスリ変わってしまっている感が否めません。

明らかに千円トータルコーディネートという枠組みをぶち壊しにかかったbeat氏。ですが、たった千円でこのクオリティーを出されてしまうと、これも千円コーデなんだと認めざるを得ません。皆様もbeat910のGODファッションに度肝を抜かれている所でしょう。

千円という鳥かごの中で如何に強く美しく羽ばたけるかを突き詰めていく、それが千円トータルコーディネートです。

今回beat氏は千円という狭い鳥かごの扉を解き放ち、無限に広がる千円コーデの宇宙の真っさらで自由な可能性を見せてくれた。彼は千円という狭い鳥かごに窮屈に閉じ込められていた青い鳥を、千円コーデの宇宙に開放した本当にメシア(救世主)かもしれない。

たった千円、されど千円。これだから千円コーディネートは面白い。

いつか千円コーデの宇宙に羽ばたく青い鳥を捕まえられるよう、これからも千円コーデを追い求めていきたい。まだ始まったばかりだよ、俺たちの無限に広がる千円コーデの宇宙はよぉ。