以前にiPad用の防水ケースを買いました。

DRiPRO Waterproof case for ipad スタンド付き防水ケースを買ってみた

長風呂する時に絶賛大活躍中で、やめられない止まらないお風呂iPad。お風呂中、3重のチャックで厳重に防水してくれるので安心感は半端ないんですが、やっぱり、よしっ今日はiPadをお風呂で使うぞっていう、ちょっとした心の障壁を乗り越えなきゃならんのです。厳重に密閉するだけに手間も若干かかる。

という事で、もうちょっとだけ気軽にお風呂でさささっと楽しみたいという欲求を満たすために買ってみました。iPhone4 シリコン防水ケース。

数ある防水ケースの中で何故コレを選んだのかというと、とにかく防水ケースへの収納が簡単。コレはとっても重要な要素の一つだと思います。

そして、安かった。amazonで1840円だった。

SPONSORED LINK

iPhone4 シリコン防水ケース

若干ゴツめのiPhone4 シリコン防水ケース。

P1000253

英語でびっちりなんだか書かれていますけど、つまり防水だぜって事だと思います。

P1000254

取り出すとこんな感じ。やっぱり若干ゴツめ。

P1000258

簡単なiPhone4の収納

コレなにがいいかというと兎に角ケースへの収納がほんとに簡単。手間なし。

右上の部分のロックをカチャッと外して、

P1000259

クルッと回すと、パカッとケースが開きます。簡単。

P1000260

そして、開いたケースに、

P1000261

iPhone4を入れて、開いた手順の逆を行えば、

P1000263

密閉できます。この防水ケースへの収納がとっても簡単な所がVeryGood。

接合部は防水のパッキンで密閉しています。タッチパネル部分はシリコンになっていて若干触りにくいけど問題なく反応します。

P1000262

裏面にはカメラ撮影のための作りこみもあります。

P1000264

サイズが少し大きく中で若干カパカパするので、薄型のシリコンカバーなどをつけたままケースに入れると丁度イイかも知れません。

私は取り敢えず、付属のクッションポッチを4方に貼ったらカパカパしなくなりました。

あとがき

ちゃんと防水してくれるか若干心配でしたが、早速お風呂に浮かべて使用てみましたら問題なく使えました。

防水のパッキンやシリコンの耐久度が気になる所ですが、今のところは問題なく使えています。

中々にゴツいですが、気軽にケースに入れられる所が非常に良いです。

安いですし、トータルで考えると中々良さげです。