iPadと二十四時間離れたくない。

お風呂も一緒に入りたい。と言う事で、driproの新作「waterploof case for ipad」を購入しました。

防水ケースです。これでお風呂も一緒に入れます。

と言いつつ、今までもジップロック使ってお風呂で使ってました。けど、やっぱり防水規格IPX8等級取得のiPad専用ケースなので安心感が違います。多い日も安心です。

折角一緒にお風呂に入るなら、大丈夫かなぁなんて心配しながら使いたくないですからね。寝返り打っても安心です。

SPONSORED LINK

dripro waterploof caseレビュー

あんまり何を喋ってるのかよくわからない動画レビュー。

写真レビュー

箱前面です。ipad2白が全面にきてます。

1000003735

箱裏面。英語。難しい事はよくわかりません。

1000003736

図解なら理解できます。ふむふむ、水の中でも安心して使えるっぽい。

1000003737

取り出したdriproケース!黒い。

1000003738

ipadを入れてみたdriproケース!黒いと白い。オセロなら白は引っくり返っとる。

1000003739

触ってみたら、多少指が滑りづらいけど、問題なく使えそうです。

1000003740

カメラの穴も用意してあって、水場でも撮影できますね。

1000003741

防水ケースで立て掛けられるタイプって多分あんまり無くて。僕はコレがなかなか良いんじゃないかと思っています。

1000003742

風呂場で湯船に浸かりながら、立て掛けてあるipadを操作、閲覧するスタイルは快適そうです。

1000003743

ipadの取り出し口はとっても厳重。三枚のチャックとマジックテープで徹底防水。流石の防水規格IPX8です。よくわからんけども。

1000003744

防水に本気、徹底的。

この網走収容所もびっくりの厳重っぷりをご覧下さい。網走とか全くわからんけども。

1000003745

と言う事で、driproのipad防水ケースでございました。

あとがき

兎に角よくわからんが、とっても良い防水ケースだと思いました。

お風呂でドシドシ使っていきたいと思います。