皆さんこんにちは。暴飲暴食ウォッチャー@nori510です。

三夜連続暴飲暴食SPの最終日、今回トリをつとめて頂くのはやはりこの人。@beat910。

はやくも伝説的な暴飲暴食の開祖と呼ばれる彼の暴飲暴食をどうぞ御覧下さい。

SPONSORED LINK

beat910の「回転寿司スシロー」で暴飲暴食

今回の舞台はココ「回転寿司スシロー 一宮尾西店」
1000002872

待ち合わせ時間を少し過ぎた頃、彼は自転車で風を切り、物凄いスピードでやってきた。

1000002881

beat910氏の移動手段は自転車だったんだ。

まるで学生の遅刻時の定番である食パンを咥えて走ってくるように、フランスパンを咥えて走ってきたbeat氏。

1000002883

自転車を降りると、スグにフランスパンを両手に挟んで私に謝ってきた。

1000002887
前回、遅刻した私に対して厳しく怒っていた彼としては若干バツが悪いんだろう。何度もフランスパンを挟んで謝られた。

この謝罪スタイルが正しいのかどうかは私には分からないが、彼の誠意はなんとなく伝わってきた。

それにしても、遅刻の原因は寝坊だと言っていたが、暴飲暴食を行う直前にも関わらず「朝食は必ず胃袋に入れておきたいから。」と自転車を走らせながらフランスパンを胃袋に放り込む彼の姿勢には感服せざるをえない。

本物の暴飲暴食erだ。

スシローでbeat910の暴飲暴食がはじまる

気をとり直して店舗前でポーズをとるbeat910氏。

1000002891

なにやら、自転車の後ろかごに入っていたアタッシュケースを片手に店に入っていくbeat氏。

1000002895

席に座ってもよほど大切なモノが入っているのか、アタッシュケースを離そうとしない。

1000002897

現代の注文システムを知らないのか、念入りにタッチスクリーンの様子を調べていた。

1000002899

オイ!!コレ指で触れたら反応するぞ!!」と喜ぶbeat氏。

1000002903
タッチスクリーン自体が初めてなのかもしれない。今までどんな生活をおくってきたのだろうか。

注文するbeat910

そして、メニューをチェックする時はやはり、サングラスからメガネにかけ替えていた。

1000002911

極度の近視なのだろう。液晶も物凄く近づいてチェックしていく。

1000002919

注文の仕方を教えると、恐る恐るサイドメニューから注文していった。

1000002922

一度の注文が5皿までという注意が液晶に表示されると「オィ!!どうなってるんだ!!注文出来ねーぞ!!」とスゴイ剣幕で怒り出す。

1000002925

その後、何故かいかりや長介のような表情でアタッシュケースを開けるbeat氏。

1000002931

アタッシュケースの中には手のプロテクターと、メガネケースだけが入っていた。

1000002932

取り出した手のプロテクターを、遠足前の子供のような楽しそうな笑顔で取り付けるbeat氏。

1000002935

聞くと「前回の餃子の王将でスプーンを逆手に持った時に手首を痛めた。これはスプーン対策!!」という事らしい。

早速プロテクターを付けた手で注文履歴と共にポーズをとるbeat氏。
1000002957

物凄い数の注文をしていたので、一度に大量の注文品が届き慌てるbeat氏。

1000002964

注文した品がテーブルに所狭しと並べられた。

1000002966

大量の注文品と共にまたもいかりや長介でポーズするbeat氏。

1000002970

一度にコレだけの注文をしてしまった。恐ろしい。

1000002971

beat910の暴飲暴食いよいよスタート

スプーン対策と言っていたプロテクター。やはりというか、基本お寿司は箸を使うので、想像通り苦戦するbeat910氏。

1000002968

それでも、箸を持つや物凄い勢いで食べ始める。

1000002976

何を食べようか物色するbeat氏。

1000002982

1000002985

獲物を捕らえる直前の鳥のような姿勢。当然、右手の箸で捕らえるのかと思ったら、

1000002988

素手でイクbeat氏。左手だ。寿司に対してもフェイントをかけ全力で挑むbeat氏の姿勢には本当に感服する。

1000002993

順調に食べ進めていたbeat氏だったが、突如物凄い表情で箸を止める。

1000002995

そして、スプーン対策と言っていたプロテクターを外してしまった。

1000002997

やはり、プロテクターしたまま箸は使いづらかったのかな?と思った矢先、プロテクターを外したその手でスプーンを使い茶碗蒸しを食べ始めるbeat910。

1000003000

やはり前回同様逆手で食べている。スプーン対策のプロテクターとは一体なんだったのか。とにかく、私のような凡人の理解の範疇を超えたトンデモナイ暴飲暴食っぷりだ。

1000003002

彼のプロテクターとは、装甲版ではなく拘束具の役割を果たしていたのではないだろうか?冷静になった今になってそんなふうに思う。

beat910の暴飲暴食 中盤戦

beat氏の暴飲暴食っぷりに、本当は無駄な解説など必要ないのかも知れない。しかし、書かずにはいられないから不思議だ。

海老天を喰らう。

1000003005

ボリューミーなコロッケ軍艦。

1000003008

喰らう。

1000003010

遂にスーツを脱ぐ。まるでOnePieceの黄猿のような表情だ。

1000003013

うどん、赤だし、完食。

1000003016

しかし、減らない寿司達を前にうなだれる。

1000003017

それでも喰らう。

1000003019

コレだけの寿司が残っているにも関わらず追加注文してしまう。何故だ。。

1000003023

食いたいモノを頼んで食う。コレが暴飲暴食というものなのだろうか。

遂に必殺技を繰り出すbeat910

いっこ、必殺技だしとくか?ん?タイとハマチのダブル食い。タイマチね。」と、

1000003026

タイとハマチを同時に喰らうbeat910。

1000003027
ウマイ。ダブル食いもありやね。」と必殺技と言ってはいたが、どうやら初めて試したようだ。

そして、ネクタイを緩めだし、

1000003029

うどんを踊り食う。

1000003031

第三の見解として、スシローはサイドメニュー、特にうどんがキツイ。」とレーンにもたれかかりながら教えてくれたbeat910。

1000003032

ちなみにここスシローで第一、第二の見解は聞いていない。

腕をまくりあげると、

1000003036

無言で席をはずしてしまったbeat910。

1000003039

自転車からフランスパンを持って戻り、喰らいつく。

1000003043

寿司を食っていても、フランスパンが食べたくなったら喰らう。ほんものの暴飲暴食の姿勢を見た気がした。

次はウニと、イクラのダブル。ウニクラ。」と、

1000003046

ウニとイクラを同時に喰らう。

1000003048

美味しかったのかご満悦のbeat910。

1000003050

新しい組み合わせをみつけるのも、暴飲暴食の楽しみの一つやね。」とハマチとカニみそのダブルに挑戦するbeat910。

1000003053

喰らう。

1000003057

不味い。今回は失敗や。」と苦い顔を見せる。

1000003058

頭を抱えながら語るbeat910。「確かに不味い。…でもね、パエリアのあじがする。」とまたも凡人の私には理解不能な事を言っていた。

1000003062

ソロソロいっとくか?トリプル食い。寿司のサンドイッチや。」とウ二とイクラの軍艦巻きで、えびアボガドを挟むトリプル食いに挑戦するbeat910。

1000003063

喰らう。

1000003067

何も言わず、無表情でシャツを脱ぎだすbeat910。トリプルの感想は最後まで聞けなかった。

1000003069

この辺りから、彼の生気のない顔が気になりだす。

1000003071

明らかに老け込んできている。

暴食が進んでいくに連れてbeatの老化現象も進行していく気がするのは私だけだろうか。

1000003075

まるで、井戸端会議に集まるおばあちゃんのようだ。

ソレもその筈。ココまでで、コレだけの数の注文をしている。

1000003076

まだまだ、

1000003077

物凄い注文量だというのがお分かり頂けるだろう。

1000003078

いよいよ暴飲暴食も大詰め 終盤戦

いつの間にか、三浦大輔、嶋大輔のようなリーゼント姿になってしまったbeat大輔。

1000003079

顔面の至る所のネジが緩んでバカになってしまった様な表情を見せる。

1000003081

しかしそれでも、食べ続ける。

1000003082

突然泣き出すbeat910。情緒不安定になる程の暴飲暴食なのだろう。

1000003084

ソレでも食べる。

1000003086

コレだけの量を食べているにも関わらず、何故かゲッソリしてきたbeat910。

1000003088

最後の力を振り絞ってポーズする。

1000003092

最後の一皿、皿ごと喰らいつく。

1000003094

beat氏曰く、「最後の一皿はデカイ恐竜が、小動物を食べたイメージ。それじゃなきゃ、これだけ食えないよ。」と解説してくれた。

確かに恐竜の様な猛々しさが顔一面に溢れている。

1000003096

遂に全てを完食したbeat910

全てを食べ終えると、目を閉じ暫く仮眠するような形で休んでいたbeat910氏。

1000003097

そして、今回もやはり一個だけかっぱ巻きを残していた。ほんとうにこの一個残しには一体どういう意味があるのだろうか。

1000003100

完食して終了。と思っていた私の目の前で、うつろな表情ながらも必死にタッチパネルに手を伸ばすbeat氏。まだ注文するのか!?

1000003104

注文が到着したというのにこの顔だ。何がソコまで彼を突き動かすのだろう。

1000003106

パンナコッタを手繰り寄せるbeat氏。デザートは別腹とでもいうつもりだろうか。

1000003107

そして、うつろな目で何も語らず食べていった。

1000003110

生クリームで口を汚しながらも完食したbeat氏。

1000003116

彼が食べきった皿達が、彼の暴飲暴食っぷりの凄まじさを雄弁に物語っている。

1000003118

・100円皿×23
・山芋とろろ入り釜玉うどん×1
・海老天2本入りうどん×1
・魚赤だし×1
・茶碗蒸し×2
・パンナコッタ×1

コレだけの量を完食したのだ。

暴飲暴食後のbeat910

全てを食べ終えた彼は、今回も怪訝な顔つきでシャツを着ていった。

1000003122

そして、まだなにか頼むというのだろうか。タッチパネルをフラフラになりながら押している。

1000003125

注文したのは水だった。

1000003128

最後に彼の「暴飲暴食」に対するコダワリ、「暴飲」の部分を見せつけられる事になった。

1000003129

やはり彼の「暴飲暴食」の美学は素晴らしい。「暴食」だけでは完成しない「暴飲暴食」。

店をでるbeat910

会計を済ませて店を出れば、beat氏から先程の「暴飲暴食」の辛さを感じることは決してない。

1000003133
「暴飲暴食」はあくまで店舗内まで。そんな美学を感じずにはいられない。

アレだけの暴飲暴食の後とは思えないキリっとした表情が、その全てを物語っている。

1000003135

じゃぁ、またな。アディオス!!

1000003141

アレだけの暴飲暴食の後にも関わらずフランスパンをかじりながら、彼は帰っていった。

1000003148

しかし帰りは自転車に乗らず、引きながら歩いて帰っていったのが印象的だった。

1000003143

あとがき

やはり、彼の暴飲暴食は素晴らしい。いつの間にか見ているコチラも彼の暴飲暴食に引きこまれ、心の底から応援している。

彼の暴飲暴食をもっともっと見てみたい。次回はどんな暴飲暴食をみせてくれるのだろう。

回転寿司スシロー 一宮尾西店 店舗情報

住所:〒494-0002 愛知県一宮市篭屋3丁目9−16
TEL:0586-47-4116 ?