iPhoneでAppStore巡回中、またはMacAppStoreを巡回中にスグには購入しないんだけど覚えておきたいアプリに出会う事があります。

iTunesならば、ウィッシュリストがありますので、ウィッシュリストに追加しとけばいいだけの話ですが、iPhoneのAppStore,MacAppStoreはウィッシュリストがありません。

個人的にはそんなに頻度は高くないのですが、こういう時以外とメンドクサイです。iPhoneもMacAppStoreもウィッシュリストに対応してくれれば良いお話なのですが、現状無いのでなにか代用出来るものはと考えた時、やはりEvernoteが選択肢にあがります。

という事で、iPhoneAppStore、MacAppStoreのウィッシュリストの代替案のお話。

SPONSORED LINK

iTunesのウィッシュリスト機能

何はともあれまずは、iTunesのウィッシュリストの登録の仕方。

iTunesで気になるアプリの金額の横にある▼をおして、「ウィッシュリストに追加」を選ぶだけ。

System

確認はナビリンクのウィッシュリストから。

iTunes

ウィッシュリストに送っておけばココで管理できる。全て購入とかあるので一気に全部購入出来ちゃう。いいのか悪いのか。

iTunes

ウィッシュリストがあれば、気になったアプリがこんな感じで管理できます。

MacAppStoreでウィッシュリストの代わりにEvernoteへ送信

しかし、MacAppStoreはウィッシュリスト機能がありません。

その代替案。「友達に教える」機能を使って気になったアプリ情報をEvernoteに送ります。

欲しいアプリの金額の右横の▼を選択して、「友達に教える」を押下。

App Store

メールアドレスに自分のEvernoteアドレスを入力して、送信。

App Store

Evernote内にノートの出来上がり。

Evernote

MacAppStoreから送ったノートだけが引っ掛かる様な検索条件を、保存してタグ等で未購入、購入等を管理すればMacAppのウィッシュリストの出来上がり。

全ノートブック - 7 個のノート

iPhoneでも、ウィッシュリストの代わりにEvernoteへ送信

iPhoneAppStoreもウィッシュリスト機能がありません。

MacAppStore同様「友達に教える」機能を使って気になったアプリ情報をEvernoteに送ります。

気になるアプリがあったら、
1000001258

ページ最下部までスクロールして、「友達に知らせる」

1000001265

宛先に自分のEvernoteアップロードアドレスを指定して送信。

1000001261

同じようにiPhoneAppStoreから送ったノートだけが引っ掛かる様な検索条件を、保存してタグ等で未購入、購入等を管理すればiPhoneAppのウィッシュリストの出来上がり。

あとがき

気になるアプリを忘れてしまうのはなんとなく嫌なものです。

気になったらEvernoteへ送信、気になったらEvernoteへ送信、とクセをつけておけば、自然とウィッシュリストが出来上がって、便利なんではないでしょうか。

という事で、Evernoteをアプリのウィッシュリストに使うご提案でございました。