どーも!のりごとーです。

気がつけばMacを使いはじめてはや10年ほど。

今回は私のりごとーが使っている、ないと困ってしまうオススメのアプリをまとめて紹介したいと思います!

Macアプリ

SPONSORED LINK

のりごとーのおすすめのMacアプリ まとめ

という事で、僕が使っているないと困るMacのオススメできるアプリを「必須の便利アプリ」「毎日使う必須アプリ」「動画編集」「画像編集加工」「blog運営」の項目に分けて、全26個をまとめて紹介していきます!

必須の便利アプリ

まずは、Macをクリーンインストールした時など必ず一番に入れる必須の便利アプリを5つ紹介したいと思います!

アプリは

・1Password
・Wunderlist
・Go for Gmail
・Better Touch Tool
・Clipy

の5つ。順にみていきます。

1Password

まずは、これ。コレがないとなにも始まりません。パスワード管理ソフトの決定版。1Password。

1Password

スマホ(iPhone,android共に)の同名アプリで、PCスマホ共通のパスワードデータをシームレスに使用できるので、パソコンで登録したけどスマホからはわからない。なんてことはなし。

Touch IDへの対応、chromeエクステンションやsafariの拡張など、充実度高し。

Webサイトのパス以外にも銀行口座やクレジットカード情報,wi-fiルーターのパスワードなどなどセキュアなデータは全てコレに任せてます。数多のサイトのパスワード管理はこれなしでは考えられません。

1passwordアイコン
1Password

Wunderlist

やることややりたいことの管理は、シンプルなToDd管理ソフトWunderlist。

wunderlist

お買い物リストやメモなど、シンプルな構造のアプリで非常に使いやすいです。こちらも、データはパソコンとスマホの同名アプリ上で共通で使用可能。

他人とのTODOやリストの共有も簡単で、僕は妻と買い物リストを共通で管理しています。妻が家でデータを入れて、出先で僕が確認して購入したらチェック。という様な便利な使い方が簡単にできます。

wunderlistアイコン
Wunderlist

Go for Gmail

メールの管理は専用のメーラを使わず、Gmailのweb版を単一ウインドウで表示してくれるGmail専用のメールアプリGo for Gmail。

go for gmail

専用メーラを使用せず、gmailを普段使うような使い方の人に便利なアプリ。

通知機能やキーボードショートカットも設定できるので、ブラウザ上でわざわざメールするのはめんどくさいと言う方におすすめです。

goforgmailアイコン
Go for Gmail

Better Touch Tool

便利で使いやすいトラックパッドを更に便利に拡張できるアプリBetterTouchTool。

Bettertouch tool

トラックパッドからキーボードショートカット、マジックマウス、siri リモートからタッチバーの拡張まで、積極的にアップデートが行われ拡張できる項目が日々増えていっています。

トラックパッドの右下部分をタップしたら指定した動作が起動する!という感じの設定を自由に追加できます。

設定項目はアプリごとに個別で指定できるので、自由自在に自分の好きなように設定することが出来ます。

また、ウインドウを左右に並べたり、ウインドウのリサイズを簡単に出来る拡張機能など盛り沢山の内容の機能拡張アプリ。

個人的にはナンバーワンのおすすめアプリです!

ダウンロードはこちらDownloads – BetterTouchTool, BTT Remote, BetterSnapTool and more

Clipy

クリップボードの拡張はClipy。

Clipyアイコン

テキストデータ、リッチテキスト、PDF、画像など、様々な形式に対応したコピペアプリ。

設定したショートカットキーでどんな場面でも瞬時に呼び出せて、過去のクリップボードから好きなようにペーストすることが出来ます。

clipy

また、スニペット機能といってよく使う定型文も予め登録しておけるので、この場面ではこの文章というのをいつでも自由にペーストすることが出来ます。

これも無くてはならない非常に便利で使いやすいアプリでおすすめです!

ダウンロードはこちらClipy – Clipboard extension app for Mac OS X

毎日使う必須アプリ

続いては毎日使う必須のアプリ3つ。

上記のアプリも毎日使っていますが、それ以外の3つ。

・Automator
・google chrome
・LINE Mac版

順にみていきます。

Automator

Apple純正のデフォルトアプリAutomator。非常に優秀な自動化ツールです。

Automator

いつも行う様な同じ作業はこいつの登録して自動化出来る部分は自動化するととても作業効率がアップするので、使わない手はありません。

簡単なところで、アプリの同時起動。

何かを作業する時に決められた複数のアプリを同時に起動する場合、僕の場合はブログの構築作業を行う時など、いちいちいくつも立ち上げるのもめんどくさいので、複数のアプリを同時に起動させるアプリをAutomatorで登録してアプリ化してます。

そうすると、automatorで作ったアプリを開くだけで登録した複数のアプリを同時に立ち上げることができます。

その他にも様々な作業が簡単に自動化出来るので使わなきゃ損。

ブログ構築自動化

google chrome

ブラウザはgoogleのchrome。

chrome

エクステンションが豊富で、パソコンスマホ間のブックマークやパスワードの同期も意識しないで済むし、やっぱり使いやすい。

Chrome

LINE mac版

メッセージのやりとりが出来るLINEのmac版。

LINE画面

話していると意外とあることを知らない人がいるのですが、mac版アプリがあるので、パソコンに向かっている時はスマホではなくパソコンからメッセージしたほうが楽なことが多いので、重宝してます。

アップデートでスマホ版に機能的に劣る部分も少なくなってきてます。

Lineアイコン
LINE

動画編集

動画編集の際に使用するアプリ2つ。

・FinalcutProX
・After Effects

FinalcutPro X

動画の編集作業はFInalcutProX。

finalcutpro画面

少し前にaddbeのPremiereを使用してみましたが、また戻ってきました。

正直機能面でPremiereに劣る部分もありますが、軽快さと管理の簡単さはFInalcutPro。

使い慣れているというのもあると思いますが。

finalcutpro
FinalcutPro X

After Effects

動画内のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作などのエフェクトはAfter Effectsで。

ちょっとしたものだったら思いの外簡単に凄そうな映像が出来てしまいます。

Af

QuickTime Player

Macのウインドウの動画キャプチャは純正のQuickTime Playerで。

Quicktime

画像編集加工

画像の編集や加工、管理に使用するアプリは

・illustrator
・Lightroom
・pixelmator
・Graphic
・Affinity Designer
・skitch
・FontPreview
・JPEGmini
・PNG mini

の9つ。

illustrator

言わずと知れたaddbeのグラフィックデザインソフト。

外部とやり取りするときなどはこちらでデザインします。

Lightroom

写真の管理から加工編集までLightroom。

Lightroom

管理もできて、写真データの加工もかなり自由に繊密に出来るので非常に気に入っています。

お気に入りの加工方法もプリセットで登録しておけば一発で同じ加工が複数の写真データに出来る、なくてはならないソフト。

良い良いとは聞いていましたが、コレは最強の写真管理+加工アプリであることは間違い無し。

プリセットの加工

Creative Cloudフォトプランなら月約1000円で使用できるのも◎

pixelmator

軽快で破格な画像加工アプリpixelmator。photoshopキラー。

pixelmator

簡単なエフェクト調整、ライトな使用ならコレで十分な画像加工アプリ。

Pixelmator
pixelmator

Graphic

pixelmatorがphotoshopキラーなら、GraphicはIllustratorキラー。

graphic

簡単なドロー系作業はコレで必要十分。軽快で破格なドローソフトです!

Grafic
Graphic

Affinity Designer

コチラもIllustratorの代替系アプリですが、photoshopの機能も併せ持ったアプリ。

affinity designer

[描画(イラスト&レイアウト向け)][ピクセル(写真補正向け)]モードを使い分けることで、Illustratorとフォトショップの両方をわざわざ使ってやっていたような作業がこのアプリひとつで出来てしまいます。

Affinity Designer
Affinity Designer

skitch

スクリーンショットに文字や装飾を簡単に書き足すことが出来るアプリ

skitch

キーボードショートカットでスクリーンショットを選択して、アプリ内で簡単に文字や装飾を書き加えられます!

Skitch
skitch

FontPreview

インストールされたフォントを見比べることが出来るアプリFontPreview。

fontpreview

フォント一つ違うだけで印象はガラッと変わるもの。

システムにインストールされた全てのフォントで書かれた任意の文字を見比べることが出来るので、どのフォントを使おうかと言う時に重宝しています。

Fontpreview
FontPreview

JPEGmini

JPEG画像の容量を圧縮してくれるアプリJPEGmini。

jpegmini

圧縮したデータ容量に対して画像の劣化が少なく使い方も画像をアプリにドラッグドロップするだけと非常にわかりやすく使いやすいです。

JPEGmini
JPEGmini

PNG mini

PNG画像の容量を圧縮してくれるPNG mini。

png

コチラはPNG画像の容量を圧縮してくれます。

PNG mini
PNG mini

blog運営

最後にwordpressでブログ運営する上で使っている必須のアプリ6つ。

・MarsEdit
・Coda2
・FilleZilla
・MAMP
・s.press
・mi

の6つ。

MarsEdit

ブログエディターのMarsEdit。

marsedit画面

記事の執筆はコレ。サイトと同様のデザインのリアルタイムプレビューを確認しながら記事の執筆ができるので非常に便利。

この記事もMarsEditで書いています。

MarsEdit
MarsEdit

Coda2

動作が軽快なコーディングアプリCoda2。

coda画面

HTML、CSS、JS、PHP、など言語を問わずコーディングができ、MySQLの簡易管理まで出来て、FTP機能もついている非常に多機能なコーディングアプリ。

サイトのコーディングはコチラを使用しています。

Coda2

公式サイト:Coda

FileZilla

使いやすいftpクライアント、FileZilla。

Winでもmacでも使用できるクロスプラットフォームアプリ。

ローカル環境でテストしてオッケイだったファイルはファイルジラで本番サーバーへアップしてます。

FileZilla

FileZilla プロジェクト日本語トップページ – OSDN

MAMP

自宅環境を簡単に開発環境に出来る便利なアプリMAMP。

「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字を取ったアプリ名通り、PHPとMySQLの開発環境として使用できます。

僕はwordpressサイトのコーディングの際にMAMPを立ち上げて使用しています。

MAMP

MAMP & MAMP PRO

s.press

javascript,css,htmlファイルを圧縮するアプリs.press。

本番環境にアップする際、コードの改行やコメントなど、このコンプレッサーs.pressで無駄を省いて容量を軽くしてアップデートしてます。

S press
s.press

mi

シンプルなテキストエディタmi。

自動インデントや、キーワードの色分けや、色々なモードを使い分けられると意外と出来ることが多い。気に入って使ってます。

Mi

mi – テキストエディタ

どれもないと困るアプリ

という事で、僕が今使用しているなくなってしまったら非常に困るアプリ全26個を一気に紹介してみました!

どれも便利なアプリなので是非参考にしてみて下さい!