satechi Type cハブ

2016のMacBookProより端子がtype-C(thanderbolt3)のみになりました。

HDMIやSDカードやusb3.0など、やっぱり他のポートもないと不便で必要に迫られるtype-Cハブの購入。

という事で、7ポートを搭載するsatechiのプロハブを紹介します。

今回紹介するsatechiのプロハブ、現状MacBookPro用のtype-Cハブとしてベストバイではないでしょうか。

SPONSORED LINK

Satechi 7ポートproハブ レビュー

僕がこのハブをおすすめしたい第一の理由はやっぱりデザイン。

スッキリとしたコンパクトなデザインで、艶消しアルミニウム仕上げされたmacbookProに合わせた2色(シルバー,スペースグレー)展開。

下記画像のカラーはmac,ハブともにスペースグレーになります。

スッキリスタイリッシュ

MacBookに接続しても無駄のないスッキリとしたデザインで、接続していてもあまり違和感を感じません。どうみても愛称が良い。

MacBook ProのThunderbolt3ポートを2つ使って、HDMIの4K出力、パススルー充電、高速データ転送に対応、

プラグアンドプレイするだけでMacBookの能力を一気に引き出してくれます。

7ポート

備え付けられたポートは7つ。

・4k HDMIビデオ出力: 1080p@60Hz 4k@30Hz
・USB 3.0ポートx2: 5Gb/sデータ速度
・USB-Cポート×2: 5Gb/sデータ速度
・SDカードリーダー:104MB/s
・Microカードリーダー:104MB/s

7ポートハブ

SDカードの差し込み向きが逆

2週間ほど使用して気になったのは2点。

基本、HDMI,type-C(充電),usb3.0(外付けHDD×2),SDカードを繋いで利用しているのですが、媒体の発熱が結構あることが1つ。

そして、もう一つが、下記画像の向きにハブを取り付けると、SDカードリーダーの取り付け向きが裏面になってしまうこと。

高速通信

発熱はしないに越したことはないですが、まあある程度しかたないところもあると思うが、SDカードの向きは少し残念。

最初SDカードが刺さらず非常に苦戦しました。

一度知ってしまえば挿す分には困らないが、なんだかやはり少し残念。

総評は満足

上記点以外は、ポートの豊富さスタイリッシュさカラーの統一感ということなし。

お値段は少しはりますが、満足感の高いtype-Cハブだと思います。

MacBookPro2016の方におすすめしたい、ベストのType-Cハブの一つだと思います!