本体

外出中など、イヤホンで音楽を聞いていると外界の音をシャットアウトしてしまうので音楽の世界に没頭できるのはいいですが、周りの音が聞こえないので会話が出来なかったり非常に不便な事があります。

今回チェックするイヤホンは、そんなマイナス面をカバーしてくれる耳を塞がない新感覚なイヤホン「ambie」です。

耳を塞がず音楽を楽しむことが出来る「ながら」イヤホン。

音楽を聞き”ながら”周りの声が音が聞こえる。音楽を聴き”ながら”周りと話せる。

耳を塞がないことで外出先で音楽を楽しむときの周りの音が聞こえない「不便・不安」を塞いでくれる、文字通り新感覚なイヤホンになっています。

早速チェックしていきたと思います。


drip

SPONSORED LINK

耳を塞がない「ながら」イヤフォン「ambie」

中身を取り出すと、一見して一般的なイヤホンとは形状が違うのがわかります。

イヤーピース

耳の穴を塞がず、このイヤホン本体イヤーピース部分で耳を挟んで使用します。

ケーブル中にはマイクがあるので、通話も可能になっています。

リモコン マイク部

イヤホン装着時の耳

実際に耳につけてみると、耳に挟んでいるだけなのがよくわかります。

実際に耳に付けた時

耳の裏側はこんな感じ。イヤーカフの形状です。

裏面

装着してみて最初に感じたのは、思った以上に耳に違和感がないこと。そして、しっかりと固定してくれていること。

表面から

僕は今までカナル式のイヤホンだと、どうしても左耳だけがしっかりとうまく固定できず困っていました。

どうやってもうまく固定できず、毎回ではないのですが動いていると左耳のイヤホンだけが外れてしまう事があり、その度にストレスを感じてきました。

色々なイヤホンを試しましたが、どうも毎回左耳だけがしっくりこない。

耳の形は千差万別だと思うのでなんとも言えませんが、僕の場合この耳に挟んで固定する止め方は両耳とも安心して固定出来ている感じで、中々良いなと思いました。

ユニークな6カラー

本体はマットな質感で、カラーはマイハートホワイト、アスファルトブラック、カクタスグリーン、トイプーブラウン、スタンプオレンジ、ポップスカイの6色展開。

コチラのカラーはトイプーブラウンです。

本体イヤーピース

普段使いでもスポーツ時でも、違和感なく使えるスッキリしたデザインで、イヤーカフの様にファッションアイテムの一つとして使えるとてもユニークな色使いが好印象です。

BGMの様に生活に寄り添う”ながら”

音楽が主役というよりもBGMとして生活に寄り添うような、体験の価値を伝えたい」という、この製品のプロダクトマネージャーさんの言葉があるように、カラーにもネーミングにも、プロダクトを買うというより「つけている自分の体験」を買ってもらいたいというメッセージが込められているんだとか。

歩きながら、自転車にのりながら、話しながら、映画のワンシーンの様にあくまでBGMとして音楽が生活に溶け込む楽しさ。

素敵なコンセプトだと思います。

耳を塞がない別のメリット 長時間使用も疲れにくい etc

本体オモテウラ

イヤホンだけど耳を塞がない為、音楽の耳への負担が少なく長時間使用していても疲れにくいという副次的な効果があるのは見逃せません。

また、汗がたまりにくく、耳の穴もむれにくい。コードが擦れるタッチノイズも少なくてすむというメリットも。

音質は…

耳の中で直接音楽が鳴るわけではないので、実際に音を聞いた印象では低音がドシドシと鳴る様なドンシャリ系のサウンドではなく、全体に広がるような自然な雰囲気。

カナル式のイヤホンよりも、スピーカーやオープンエアー型のヘッドホンに近い感じ。

耳を塞がないので音楽に没頭できるような音ではなく、やや低音は弱めでドンシャリ好きには少し物足りなく感じるかもしれませんが、BGMの様に生活に寄り添う”ながら”というコンセプトを考えると自然な音の鳴りでコンセプトに非常にマッチした音だと思います。

気になる音漏れは

耳を塞がない開放感は良いですが、少し気になるのは外部への音漏れ。

塞いでない分、盛大に音が漏れていたら元も子もありません。

公式ページ上には、

独自の音道管設計によって、一般的なイヤホン同等レベルまで音漏れを軽減(当社調べ)

ambie(アンビー)/耳を塞がず音を楽しむ、新感覚「ながら」イヤホン

とあります。

一般的なイヤホンがどの程度を想定しているかはわかりませんし、音漏れの感想自体も僕の主観なのでなんとも言えない所ですが、個人的に想像していた音漏れ量よりもかなり小さい音漏れだなと感じました。

勿論全然音漏れしないというわけではなく、音楽を再生すれば多少音は漏れますが十分に実用レベルの音漏れだと思いました。

取扱店

取扱店舗は一般的な家電量販店ではなく、「RHCロンハーマン,チャーリーバイス,蔦屋家電,ビームス,la kagu」など。

詳細→取扱店舗 | ambie(アンビー)

ネットでの購入はこちら→ambie Sound earcuffs Asphalt Black【送料無料】(Asphalt Black) – ITEM – CHALIE VICE

BGMとして音楽をながらで楽しみたい人におすすめ

外界の音をシャットアウトして音楽に没頭したい!というのではなく、外部の環境音も入りながらのBGMの様に音楽も一緒に楽しみたい!という新しいコンセプトのイヤホン”ambie”

発売当初はスグに完売してしまい、とても手に入りづらかった事を考えても”ながら”というコンセプトが多くの人に支持されたという事がよくわかります。

BGMとして音楽をながらで楽しみたい人におすすめのイヤホンです!


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip