一眼レフやミラーレス一眼で簡単に高品質な動画が撮れる時代。

十分な映像の撮影が可能な一眼レフカメラですが、音声録音に関しては少し物足りない。

という事で気軽に音質アップするのにお手軽なのが、DSLRカメラ(一眼レフやビデオカメラ)用の外付けマイクです。

動画音声の改善を求めてオーディオテクニカのステレオマイクロホン「AT9945CM」を購入してみたのでご紹介します。

at9945cm

SPONSORED LINK

オーディオテクニカのビデオマイク at9945CM

それでは小型・軽量で高音質な「AT9945CM」の良い所を見ていきたいと思います。

プラグインパワーで電池無しでOK

まずはコレ。

プラグインパワー方式なので電池がいらず使いやすい。

いちいち電池を気にしずに済むのはメリット。電源の消し忘れ等もなく、マイク端子に差すだけでマイクに電源供給されて動きます。

ウインドマフ付属&ローカットスイッチ搭載

アウトドアでの動画撮影で一番困るのが風切音。今まで僕は何度も風切音に泣かされてきました。

こちらは、モフモフのウインドウマフが付属しており、

ウインドウマフ

振動や風などの雑音を低減するローカットスイッチも搭載ということで、風切音対策も◎

ローカットスイッチ

ショックマウントでフォーカス音やズーム音軽減

ショックマウントが付いているので、レンズのフォカース音やズーム音も低減してくれます。

ショックマウント

音質が良い

色々な比較動画などで聴き比べた結果、個人的には人気が高く似たビデオマイク「RODE video micro」よりもこちらの方が音質が良いと思いました。

まぁ価格も「audio-technica at9945CM」の方が少し高いのですが。

動画で内蔵マイクとの音質の違いをチェック

動画で、Sonyのa6500の内蔵マイクとこちらのAT9945CMの音質をチェックしてみました。よろしければ御覧ください。

↓商品レビューなど様々な動画をアップしています。Youtubeチャンネル登録もお願いします!

まとめ 感想

カメラの内蔵マイクと聴き比べてしまうと差は歴然。

小さくて音質も良く扱いやすいので、手軽に一眼動画の音質をアップしたいという時におすすめ出来るビデオマイクだと思います。