PCへのプラグ&プレイで簡単に録音できるUSB接続のコンデンサーマイク「audio-technica AT2020USB+」

とても音質がよく使いやすいと好評で、youtubeなどの比較動画をチェックした所他社製品と較べても良好な音だったので購入してみました。

という事でご紹介していきたいと思います。

AT2020プラス

SPONSORED LINK

USBコンデンサーマイク オーディオテクニカ AT2020USBプラス レビュー

USBマイクの利点はやはり、別途オーディオインターフェイスを購入することなくPCにUSBケーブルを接続するだけで使用できる所。

その半面、音がこもっていたりノイズが入ったり低音が軽くなってしまったりと録音音質があまり良くない印象でした。

簡単に使えるけど音はあまり良くない。そんなUSBマイクに抱いていた印象をいい意味で覆してくれたのがこのマイク。

USBマイクなのにとても音質が良い。

マイク本体

実際に録音した音をチェック

実際に全てこのマイクを使って録音した動画をYoutubeにアップしましたのでよろしければ参考に御覧ください。

ノイズがなくクリアな音質なのがわかっていただけると思います。

↓商品レビューなど様々な動画をアップしています。Youtubeチャンネル登録もお願いします!

ヘッドフォンからMIX音を聞ける

マイク本体にイヤホンジャックがついているので、お手持ちのヘッドホンをジャックに挿せば、簡単にMIXした音をダイヤルを調整して聴けるのも便利です。

また本体には、イヤホンの音量を調整するつまみと、

イヤホンつまみ

イヤホンから聞こえる音の割合(マイク音,PCからの音)を調整するつまみがついています。

モニター音調整

SONY ECM-PCV80Uと比較

前に購入した安くて好評のUSBマイク、ソニーのECM-PCV80Vと音質を比較してみました。

同じ距離からマイクに喋りかけてみた所、まずマイクの感度がかなり違いました。

ecm-pcv80uと比較

ECM-PCV80Uは音が小さい。

価格がかなり違うので当然ですが、両方の録音した音を聴き比べるとAT2020USBPlusのフラットで良好な音質がよくわかります。

パッと聞いただけで一目瞭然。うん、違います。

同じような価格帯のUSBマイクとして評価も人気も高い「Blue yeti」や、

RODEのNT-USBなどがありますが、

実際に聴き比べたわけではないのですが、youtubeにあがっている動画などで聞き比べた感覚や好み的には、僕は今回買ったAT2020USB+が気に入ったのでこちらを購入しました。

お手軽に高音質のマイク環境

価格は1万5千円ほどという事でUSBマイクとしては少し高い部類に入ると思いますが、クリアな録音がこれだけ簡単にできる機材の価格として考えると満足のいく買い物ができたと思います。

お手軽に高音質のマイク環境を整えたいという方におすすめできるマイクだと思います。