中華メーカー小米Xiaomiのウェアラブル端末「Mi Band2」を使ってみました。

簡単な機能の説明と使用1ヶ月の簡易レビューをしてみたいと思います。

Miband2

SPONSORED LINK

スマートウォッチMiBand2レビュー

MiBandには付いていなかったモニターが付いて、新しくリリースされたのがMiBand2。

モニターが付いた

モニターで、時間,歩数,歩行距離,消費カロリー,心拍数,電池残量の表示が可能になりました。

スマホをチェックしなくても簡単に時間,歩数を閲覧できるのはやはり便利です。

防水仕様

IP67相当(水深1.5mで約30分)の防水仕様となっているので、お風呂や水場でもつけっぱなしでOK。

僕も15日ほどお風呂などに入る時も一度も外す事なくつけっぱなしで使用してみましたが、全く問題なく使用出来ました。

付け心地良好

基本付けっぱなしで過ごす事になると気になるのが付け心地ですが、こちらも中々良好。

以前にナイキのフューエルバンドを使用していた時は、パソコンのキーボード操作時にバンドの裏のプラスチック部分がカチカチと当たって不快な思いをしましたがこちらは本体部分と留め具以外シリコン製なので、キーボード操作時も不快感なし。

睡眠状況記録

寝ている時も付けていると、睡眠時間やレム睡眠ノンレム睡眠の移り変わりなど睡眠状況も記録してくれます。

意識しなくても、日々の睡眠時間や深い眠りがどれだけ出来たかを確認出来るのは中々楽しいですね。

バッテリー持ち良好

バッテリーは公称20日という事ですが、使い方次第だと思いますが、僕が使っている感じだと1週間使ってバッテリー残量85%とか20日~25日程はもちそうな感じ。

スマホの通知機能

外出時などカバン内や手元にスマホがない時には、スマホからの着信や通知のお知らせも便利です。

バイブのアラーム

個人的に気に入っているのがバイブレーションのアラーム。

今まで経験したことがなかった手首のバイブレーションで目が覚める感覚は中々面白いです。

また朝目覚める際、音を出さず手首のバイブで起きられるので横で寝ている奥さんを起こしたくない時などにも良いなぁと思います。

アイドルアラート

あとは1時間動かずにいると、身体を少し動かしてほぐしましょうとお知らせしてくれるアイドルアラート機能も、作業に没頭している時などの休憩の目安になって気に入っています。

心拍数の計測

心拍数を計測できるということで、スポーツの際などに良いかなぁと思ったのですが揺れていると計測が上手くいかないので仕方ない面もあるかもしれませんがそこは少し残念。

また、心拍数の計測は自動で計測記録してくれるわけではなく任意の計測になります。

この辺はバッテリー持ちとの関係になりそうなのでなんとも言えませんが、バッテリーを犠牲にしても勝手に計測して欲しい!という人向けに自動計測の選択があったら嬉しいところです。

コストパフォーマンス高い

という事で簡単に機能の紹介と感想をご紹介させて頂きました。

これだけの必要十分の機能が揃って、日本のamazonでも約5千円で買えるこの価格。

とてもコストパフォーマンスの高い端末だと思います。

簡易スマートウォッチデビューにうってつけの端末だと思います。

動画レビュー

動画でも簡単にレビューしているのでよろしければご覧下さい。

↓商品レビューなど様々な動画をアップしています。Youtubeチャンネルも登録お願いします!

Gear Bestクーポン

中国の人気通販サイト「Gear Best」だと、下記クーポンコード利用で約2千5百円で買えてしまいます。
Gear best Mi Band2

クーポンコード:xstmb2
クーポン後価格:2586円