半田コテを使うと、簡単に木を焼きながら描くウッドバーニングという技法で好きな絵柄を木製製品に入れられるらしい。

という事で、100円ショップセリアで買ってきた木製小物入れを使って、ウッドバーニングの技法でオリジナルのルームプレートを作ってみました!

ウッドバーニング

SPONSORED LINK

セリアの木製小物入れでルームプレートを自作

使用したのはこの2点のみ。

使用したのはコレ

動画で紹介

実際に僕が初めて挑戦したウッドバーニングの様子と流れを動画でもご紹介しているので、よろしければご覧下さい。

↓商品レビューなど様々な動画をアップしています。Youtubeチャンネル登録もお願いします!

やり方と流れ

まずは、木に描くデザインを作ります。

今回はパソコン作業部屋のルームプレートという事で、こんな感じ。

ルームプレートデザイン

実寸サイズのデザインをコピー用紙にプリントし、描きたい木製品にセロテープなどで動かないように張り合わせます。

木製品に合わせます

下にカーボン紙を敷いて、鉛筆やペンでデザインをなぞって木に跡をつけていきます。

鉛筆でなぞります

こんな感じにカーボン紙でシッカリと跡がつきました。

カーボン紙で跡がつきました

いよいよウッドバーニングです。

温めたハンダコテでつけた跡をなぞりながら描いていきます。

丁寧に焼いていきます

思った以上に難しく上手く描けません。

なぞっていくというより、少しずつ少しずつコテを押し付けて焼いていく感じです。

難しい

という事で、完成!

完成品

コテで焼いていく感じが少し難しくあまりうまくできませんでしたが、木の焼けた跡で描くウッドバーニングはなんとも味があります。

半田コテさえあればスグに挑戦できるので是非やってみてください!