自宅のお風呂のシャワーホースが水栓蛇口部分の金具から抜けてしまいました。

新しいシャワーホースをホームセンターで購入して、自分で交換してみたので、交換方法と買い換えた商品と一時的な対処法をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

シャワーのホースが壊れた際の交換方法

今回の故障の原因はホースが蛇口の金具から抜けてしまった事ですが、シャワーホースが裂けて水漏れしてしまった時なども同様にホースの交換が必要です。

今回交換の為に購入したシャワーホースは「KAKUDAI」のほとんどのメーカーに対応をうたった1.6mのホース。

ホース本体

取付可能なメーカー多数

混合栓メーカー「KAKUDAI」「INAX」「MYM」「SAN-EI」「YuKo」はアダプターなしで直接取り付け可能。

付属のアダプターを使用すれば「KVK」「TOTO」の混合栓にも取付可能です。

各社のサイズ用アタッチメント

シャワーヘッドも「KAKUDAI」「TOTO」「INAX」「SAN-EI」「YuKo」にアダプタ無しで対応。

また、付属アダプターで「KVK」「MYM」にも対応しています。

モンキーとアタッチメント

交換手順

ホース交換の手順です。

ちなみに今回使用した工具はモンキーレンチのみです。

まずは、ホースが抜けて混合栓に残った金具を外します。

アタッチメントを外す

この様に金具が外れたら、ココに購入したホースのBL金具を取り付けます。

ココに取り付ける

我が家の混合栓がどこのメーカーか分からなかったので、直接取り付けを試みますがサイズが合わず、

そのまま合わせてみる

アダプター各種を試してサイズの合ったものをかませて取り付け完了。

結局メーカーはわかりませんでしたが、問題なし。ほとんどのメーカーに対応していて良かったです。

合わなかったのでアタッチメントをかませて取り付け

続いてシャワーヘッドの取り付け。

シャワー本体部分も交換

こちらはサンエイの節水シャワーヘッド「レイニー」を使用しているので直接取り付けられました。

交換完了

という感じで、工具もモンキーレンチのみで対応可能で取り付け交換作業はとても簡単でした。

今まで使っていたシャワーホースよりもとても軽くなり、使いやすくなりました。

交換時の参考して頂ければと思います。