iOS9から追加されたiPadの画面分割機能「スプリットビュー」

コレがかなりいい感じで、 最近iPadの利用機会がとても増えています。

文字入力がもっと快適にできたらコレは最高だ!という事でiPad用の、自宅でも外出先でも使えるBluetoothキーボードを探していました。

色々と検討した結果購入したのが、Logicoolの重さ僅か180gという「KEYS-TO-GO Ultra-portable Keyboard for iPad」

もの凄く使い勝手がよく、iPadと共に持ち歩くbluetoothキーボードの決定版という感じ。

ご紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

ロジクール ウルトラポータブル キーボード iK1041

ロジクールから、2015年に発売された「ウルトラポータブル キーボード iK1041」

耐水設計で超薄型で超軽量、キーピッチもそれなりでタイピングも快適な、iPhone,iPad専用のBluetoothキーボードです。

本体

内容物

本体の内容物は、キーボード本体と充電用のUSBケーブル、スマホスタンド。

内容物

薄くて軽いから持ち歩きに便利

何と言ってもオススメな点はやはりこの軽さと薄さ。

重さは180gと文庫本1冊に近い軽さ、超軽量です。

重さ180g 実際に計測すると177g

実際に計測してみると177gでした。

そして縦137mm横242mmの本体の厚みは僅か6mm。

ipadと厚みの比較

カバン内でもかさばらない薄さです。

持ち出す際の軽さと薄さは正義。軽くて薄いのでカバンに入れても全く苦になりません。

斜めがけの小さなサイドバッグなんかにも軽々入ります。

僕はiPadとこのキーボード、そして財布とスマホをこんなカバンに入れて普段から持ち歩いて使ってます。

iPadと共にサイドバッグに

iOSショートカットキーと打感も良好

使用例

思った以上にゆったりとしたレイアウトのキーは打感も中々。

iPhone,iPad専用機だけにiOSショートカットキーも備えているので、使いやすい。

あとは、文章などのコピー時に選択範囲を矢印キーで操作できるのもやっぱり良いです。

打感

電源のONでスグにiPadと接続されて使えてます。

詳細1

丈夫な耐水設計で安心

キーボード本体はカフェなどで珈琲などを万が一こぼしてしまったことを想定しているのか、耐水設計仕様。

不慮の水漏れの心配をしなくていいというのも精神安定上嬉しい点だと思います。

詳細2

ヘタにカバーじゃないのが良い!

外出先なんかで便利に使いたい持ち歩き様のキーボードは、iPad本体のカバーである必要はない。

普段は保護カバーを付けて使って、キーボードは別。使ってみるとコレが思った以上に良かったです。

カバーとは別

カバーキーボードが便利だと思ったりもしたんですが、これだけ軽くて薄いキーボードだと別々で使える利点の方が大きかった感じ。

iPad用の決定版キーボード

という事で、購入してから2ヶ月ほど愛用しておりますが、薄くて軽くて耐水設計でキーピッチも中々、快適なタイピングとコレは本当に現状iPadの外出用キーボードの決定版といった感じ。

少し値段ははりますが、ipadとの外出用に軽いキーボードを探していたという方に本当にオススメできるキーボードです!!