「自作のモノに囲まれた暮らし」に憧れます。

前回「オリジナル調味料ラベルの作り方」をご紹介しました。

今回は、シャンプーやリンス、洗顔やハンドソープ、洗濯洗剤などのボトルのオリジナルラベルを作ってみたので、作り方などをご紹介していきます。

自作ボトルラベル作り

SPONSORED LINK

オリジナルデザインの生活用品ボトルを作る!

自作ステッカー作り」「自作Tシャツ作り」「自作調味料ラベル作り」」などの記事同様、まずはパソコンでラベルデータを作っていきます。

ラベルデータと各種ボトル類

データは実際のサイズでデザイン

ラベルデータはなるべく初めからシッカリと実際にプリントアウトするラベルのサイズに合わせて作っていきます。

この方が後からサイズ調整などする必要がなく楽だと思います。

ちなみに、今回作ったラベルのサイズは「幅55mm高さ46mm」です。

シャンプー,ハンドソープ,洗濯用洗剤,柔軟剤などのボトルに合わせて丁度良いサイズを検討した結果このサイズになりました。

シャンプー他ラベルを貼るボトル類

完成デザイン

という事で、上記サイズでボトルラベルを作っていきます。

何度か修正して完成したデザインがコチラ。

シャンプーラベル完成デザイン

印刷用にA4サイズでデータを作成

シャンプー,ハンドソープ,洗濯用洗剤,柔軟剤などの作りたい各ラベルを先ほどの同一デザインで作り、「A4サイズ」のキャンパスに並べていきます。

印刷用ラベルデータ

ヘアシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ハンドソープ、洗顔、食器洗剤、洗濯洗剤、綿棒などなど、思いつくラベルデータを作ってみました。

A4コピー用紙でチェック

まずは、A4のコピー用紙に印刷して実際にボトルに合わせてみてチェックです。

A4用紙でチェック

合わせてみて、気に入ればこのままラベル用紙にプリントしていきます。

使用したラベル

防水ラベル

今回使用したのは、お風呂場や水場で使うラベルということで耐水性のある、「サンワサプライのホワイトフィルムラベル」

ちなみに、印刷に使っているプリンタはキャノンのピクサスMG3530。

こんな感じにプリントアウト出来ました。

プリントアウトしたラベル

シンプルなボトル類

オリジナルシールを貼るボトル類は以下を使用。

シールを貼るのでなるべくシンプルで無駄のないデザインのボトル類を選びました。

シャンプーボトル、ハンドソープボトルなどのディスペンサーは無印良品。

無印のボトル

ダイソーやセリアなどの100円ショップにも中々よさ気なボトルが売っていたのでそちらを使っても良さそうです。

また、洗濯用洗剤ボトルは白地に蓋がクリアなシンプルなボトルを探した所、セブンプレミアムで見つけました。

セブンプレミアム 洗濯洗剤

こちらのボトルのシールを剥がして使用しました。

柔軟剤のボトルも同じくセブンプレミアム。

出来上がったオリジナルボトル

という事で、各種ボトルに作成したシールを貼ってみました。

ラベルを貼る

ラベルの裏のフィルムを剥がす際は、裏にセロテープを貼ってセロテープから剥がすと、淵が折り曲がったりする事なく綺麗に剥がれます。

ラベルのフィルムの剥がし方

出来上がったオリジナルのボトルたちはこんな感じです。

オリジナルラベルを貼ったボトル類

自分で作ったオリジナルのアイテムを使用するとやっぱりテンションがあがります。

とても簡単にイメージを一新出来て気持イイ環境になるので、作りたかった!という方は是非参考にして頂ければ幸いです。