テレビでよく見かけるインタビュアーが持っている『インタビュー用マイク』

こんなやつです。

インタビュー用マイク

インタビューする動画を作ろうと思うと、これがあるだけで俄然雰囲気が違いますよね。

そう思うと、それっポイものがどうしても欲しい!

という事で、調べて簡単に自分で作ってみましたので、その過程と作り方をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

Youtubeなどに利用!インタビュー用マイクを作る

インタビュアーが持っているっぽいマイクが作りたいんだけど、全くの素人なので、どこからどうすればいいかわからない。

どうやって作ればいいのか?検索してみても中々希望の情報にたどり着けない。

あの、マイクのヘッドの部分の下に付いている三角形とか四角形をしたロゴとかが貼ってあるボックスをマイクに付ければそれっぽくなりそうなんだけど、アレは売っているのか?

それともあれも自作したほうが良いのか。

そもそもなんていう名前のモノで、どうすれば良いのか。

取っ掛かりから苦戦したのですが、googleで「インタビュー マイク 四角」とか「インタビュー マイク ロゴ ボックス」とか、色々と検索してみると…

マイクフラッグというらしい

あのマイクに付いている、四角とか三角のボックスは「ロゴフラグ」とか「マイクフラッグ」というらしいということがわかった。

Amazonで検索してみると、

安っぽそうなこれや、

Rycote(ライコート)というブランドの結構しっかりしてそうなこんなのが見つかった。

上のものはすこし安っぽそうだけど700円ほど。下のしっかりしたのは4,000円程度と中々お高め。

フラッグも三角形と四角形のモノがあり今回は迷った結果、700円ほどの四角形のタイプのマイクフラッグを購入してみました。

届いたのがコチラ。

マイクフラッグ

四角形のボックスの中に丸い穴が空いていて、中のウレタンクッションでマイクに固定する様です。

マイク風防で雰囲気アップ

マイクフラッグだけではまだ、インタビューっぽさが足らない。

カラフルなマイクのスポンジが必要だ!

という事で、「マイク スポンジ」や「風防」「ウインドスクリーン」などで調べると、amazonでカラフルなブラック,オレンジ,イエロー,レッド,ブルーの5色揃って500円のマイク用風防を発見。

気分で風防を変えられるといいかも。とコレを購入。

届いた商品がコチラ。

発色の良い、5色のマイク風防

シッカリした発色の5色の風防が届きました。

マイク

そして、メインのマイク。

コレは調べてみると、もうインタビュー用のマイクといえばSHUREの『SM63L』というのが王道中の王道の様です。

画像を見たら、「あー!これこれ!これ見たことある!」と誰もが納得する、インタビュー記者などが必ずと言っていい程持っているのがコレ!でした。

このマイクだけで途端にポクなると思うのですが、お値段は2万円は下りません。

という事で、今回は以前にもレビュー記事を公開したことがある既に所有しているSONYの人気コンデンサーマイク「ECM-PCV80U」を利用することにしました。

マイク

ほんとはシュアーのSM63がいいんですけどねー。。

3つのアイテムを組み合わせる!

という事で、用意したのが「マイク」「風防」「マイク風防」の3点。

これらを組み合わせると…こんな感じに。

インタビュー用ぽくなってきた

中々ポクなってきました。

ステッカーでロゴを貼り付け!

で、最後にマイクフラッグにオリジナルのロゴを貼り付けます。

今回はこんな感じにステッカーを自作してみました。

自作したステッカー

ちなみに、自宅でのステッカーの作り方は以前に記事で紹介しているので下記記事をご覧下さい。

このステッカーをフラッグサイズにカットして、4辺に貼り付ければ、

ステッカーをはりつける

マイクが完成!

インタビュー用っぽいマイクの完成!!

DSC 0018  2015 07 27 19 43 10

こんな見た目になりました。結構それっぽいんではないでしょうか。

DSC 0019  2015 07 27 19 43 19

コレで気持よく好きなだけインタビュー出来ます!

そうそう!インタビュー用マイクが丁度作りたかったんだ!という方は是非参考にして作ってみてください!

動画でも作り方をまとめてみましたので、よろしければご覧下さい。

↓商品レビューなど様々な動画をアップしています。Youtubeチャンネル登録お願いします!