アメトークや数々のテレビ番組で取り上げられる、スウェーデン発の人気家電ブランド『エレクトロラックス』

調理家電や冷蔵庫など販売する様々な家電の中でも人気が高いのが、掃除機。スティック型クリーナー『エルゴラピード』です。

以前から気になっていた、スティック型のリチウム電池で動くバッテリータイプの掃除機『エルゴラピード リチウム ZB3013』を購入したので、使用感などレビューしていきます。

SPONSORED LINK

2 in 1のスティック型クリーナーElectrolux Ergorapido Lithium

今回購入した「Ergorapido Lithium ZB3013」は、2013年9月にリリースされた一世代型落ちの品。

新型の「ZB3114」が実売で3万5千円程するのに比べると、Amazonでも約2万円程で購入できるお値打ち価格と性能のバランスが中々良い感じです。

人気のダイソンのハンディーと比べて価格的にも非常に魅力的だと思います。

使用し始めて約1ヶ月。気になった点や良い点など、順にみていきたいと思います。

基本仕様

本体の基本仕様は以下の通り。

本体サイズ:26.3×107×15cm
本体重量:2.6kg
連続使用時間:通常モード35分、最大モード13分
充電時間:4時間

ダンボール

内容物

内容物は「掃除機本体」と「充電ステーション」のみ。

さすが海外ブランド、とてもシンプルで好感が持てます。

中身

デザイン秀逸で掃除が気軽!

今まで自宅で使用していたような従来の掃除機とは違い、本体のデザインが秀逸。

基本は充電ステーションに充電して出しっぱなしなので、出しっぱなしにしてあってもかっこ悪くないというのはとても嬉しいです。

出しっぱなしでコードレスなので、ゴミが気になった時や掃除したい時に、パッと掃除機を使用できるというのは思っていた以上に気軽で、掃除の敷居が著しく下がりました。

メカメカしい本体

掃除の敷居が低くなった分、「気になったら即掃除!」が購入後負担なく実践できてます。

充電約4時間 使用約30分

充電時間は電池がリチウム電池に変更された本機では前機種から短縮されており、使用も約30分程できるので、今まで使っていて電池が切れて「掃除したくても出来ない!」という場面もなく十分満足のくレベルのバッテリーだと思います。

充電ステーション

ハンディークリーナーとしても使えて○

スティック型の本体からコア部分を簡単に取り外しが出来、ハンディークリーナーとしても使用することが出来ます。

ハンディークリーナーとしても

ハンディークリーナーの先端は充電ステーションに収納されており、コレを組み合わせて使用します。

個人的にはそんなに使う頻度は多くないですが、テーブルの上やスティックでは掃除できない場所はハンディークリーナーとして掃除できるのも何気に良いです。

ステーション内に装着ブラシ

その他の点

ヘッドは水平に180°、垂直にも自由自在に動くので掃除機をかけていてとても軽快。

そして本体は自立するので、掃除の中断時もラクラクのセルフスタンド機能は嬉しいですね。

また、暗い場所を明るく照らすヘッド部分に付いたLEDライトも何気に良いです。

ダストカップが洗浄可能なのは嬉しいですが、本体ダストボックスがもう少し容量があれば言うことなし。

動画で紹介

本機の使用紹介を動画でもしております。よろしければご覧下さい!

↓商品レビューなど様々な動画をアップしています。Youtubeチャンネル登録お願いします!

価格と性能のバランスが良くて気に入った!

コードレスという事で本当に掃除が気軽になりました。

掃除機に必要以上の高機能を求めないのであれば、個人的には機能,性能と価格のバランスがとれた非常に良い機種だと思います。

コードレスのハンディークリーナーで性能はソコソコで満足という方にはオススメの掃除機だと思います!