アップル - ダウンロード
いやー、ついに登場しましたね、MacAppStore。

噂通りiLifeアプリや、iWorksアプリが単品で買えるようになっていたり、Apertureが安かったり非常に素敵ですね。これでMacアプリも一元管理出来るようになり、購入から何から何まで楽でいいですねー。

iLifeとiWorksのパッケージとの価格差

さて、気になるiLifeとiWorksのパッケージ製品とアプリの価格差。参考までに合計金額のパッケージとの差を載せておきます。

MacAppStoreで「iLife ’11アプリ」はそれぞれ1,700円で販売されています。
オンラインのアップルストアで「iLife ’11」のパッケージ価格が4,800円
ですので、1,700円×3=5,100円とすべて買おうと思うとApp Storeでの購入の方が300円割高です。まあ、誤差の範囲ですけど。

「iWorksアプリ」はそれぞれ2,300円
「iWork」のパッケージ価格は8,800円
2,300×3=6,900円と、iWorksは逆にすべて買ってもMac App Storeのほうが1,900円も割安です。

まぁどちらにしても、ニーズに合わせて単体で買えるのが便利でよいですよね。同一アカウントで5台までインストール可能みたいですし。

MacAppもiTunes Cardで

MacAppStoreがオープンしたことでMacAppもiTunesCardで気軽に購入できるようになりました。

という事は、サークルKサンクスや、セブンイレブンで現在行われているiTunesCard割引セールを利用してiTunesCardを買えば、今よりもお得にMacAppも買えるという事ですね

参考:カルワザクーポンでiTunes Cardがおトク!|お得情報|キャンペーン・お得情報|サークルKサンクス
購入方法

現在のセール価格ならば13%OFFでiTunesカードが買えるので、3,000円のカードが2,600円です。

13%OFFの値段で概算すると、おおよそiLifeは4500円、iWorksは約6,000円で買える計算になります。安いですよね。この値段ならばパッケージ価格なんて全然気になりません。

また、Apertureなどはパッケージ19,800円がなんと、9,000円と既に凄く安くて魅力的ですが、このセール価格を利用すれば更にお安く買えるという事になります。

なんと、あのApertureが7,800円で買えちゃうんです

めちゃくちゃイイじゃないですか。やばい安いですよ、コレは。

という事で先ほど私も、Apertureを買おうかと早速サークルKでiTunesカード3000円×3枚を買ってきました。いやぁ、FinalCutExpressも安く出てほしいものですね。

サークルKサンクスの割引セール、1月9日までという事なのでご予定の皆様はお急ぎください。

MacAppStoreでのiTunesCardのコードの使い方

ちなみに、MacAppStoreでのiTunesCardのコードの使い方は、AppStoreを立ち上げて、
App Store
コードを入力するだけ。
App Store