先日、福井県に観光旅行に行ってきました。のりごとー( @nori510 )です。

今話題の「メロンパンアイス」を食べたり東尋坊を訪れたりと、とても楽しかったんですが、中でも一番感動したのが『福井県立恐竜博物館』

今まで特に恐竜大好き!って訳ではなかったのですが、忠実に再現されたジオラマや42体もの実物大の全身骨格など、恐竜王国ふくいの地力を体感し、一気に大好きになってしまいました。

SPONSORED LINK

北陸おすすめ観光スポット 勝山市『恐竜博物館』

凄まじい雪が降り積もる雪の北陸。

恐竜博物館に向かう道すがら至る所に、恐竜のジオラマが点在しており、いちいちテンションがあがります。

そんな当たり前に吹雪く冬の北陸道を走り、福井県は勝山市にある恐竜博物館を訪れました。

入り口前には、恐竜博士がお出迎えしてくれていました。お勉強中でしたが一緒に記念撮影。

観覧料720円と気軽な料金

そして、本館へ入館。常設展観覧料は一般720円ととても気軽な価格。さすが県立です!

何の前知識もなく訪れたのですが、入った瞬間予想以上だった施設の規模に驚きました。

地上3階の館内入り口から地下1階の展示室へ33mのエスカレーターで一気に下ります。

エスカレーターで駆け下りた先はタイムスリップした大恐竜時代。

ダイノストリートと呼ばれる通路を進むと、まるで本物のようなTレックスがお出迎え。

デカイなぁと感心していたらコイツ、動きます!鳴きます!

リアルな動きに一気にハートを鷲掴みされました。

躍動感ある全身骨格体

全部で42体もの数を誇る全身骨格体も、今にも動き出しそうな躍動感ある展示でワクワクが止まりませんでした。

知識も何もないですが、この今では信じられないサイズの恐竜の骨格体をみるだけでとても面白い。

館内中央の大型液晶では、恐竜が恐竜に襲われるCG映像が流れており興奮しました。

「すげー!」「カッコイー!」「でかい!」単純にそんな風に骨格体を眺めるだけでワクワク感が凄い。

単純なデカさという迫力に圧倒されてしまいます。

「地球の科学」や「生命の歴史」ゾーンなどシッカリと展示物も眺めると生命の進化の歴史を体感できもうメロメロ。

参加体感型ダイノラボ

ティラノサウルスの全身骨格が中心にすえられたダイノラボでは、

取り囲む回路を回り、ティラノサウルスのデカさを実感。

ティラノサウルスと熱く見つめ合ったのは今でもいい思い出です。

物凄い顔のデカさでした。

パネル型はめ込み写真も!

ライフワークとしてパネルはめこみ写真を見つけたら撮らずにいられない私としては、しっかりとはめ込み写真があったのも嬉しかったですね。

とても良いはめ込み仕事が出来ました。

福井名物や恐竜メニューが楽しめるカフェ&レストラン

3階エントランスホール脇にあるレストラン「ディノ」では、ソースカツ丼などの福井名物料理や、恐竜にちなんだ面白メニューが楽しめました。

コチラは、恐竜の巣に見立てたその名もズバリ「恐竜の巣カレー」

卵を守っている恐竜がポイントになっているとのこと。

コチラは、化石発掘オムハヤシライス。

オムライスを食べ進めると、恐竜の卵の化石に見立てたウズラの卵が発掘できました!

子どもも大人も楽しめる!

体感型の展示などもあるので勿論子どもも大人も楽しめる施設ですねコレは!

僕も31歳のいい大人ですが、迫力ある恐竜たちに感動しきりでした。

そんな僕は自宅に帰っても恐竜が忘れられず、モンスターハンターがやりたくて仕方がない今日この頃です。