イヤホンジャックに挿す物理キーのワンクリックでアプリが起動出来るAndroid端末向けの面白いキースイッチ『i-Key』

クリック回数に応じて各種アプリが起動できる便利アイテム。

DSC 0045  2014 12 17 17 15 23

本体サイズはかなり小さく価格も200円程で買える安価な製品ながら、中々面白い機能で現在人気上昇中とのこと。

早速試してみたので、ご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

イヤホンジャックに物理キースイッチ追加!『iKey』

android端末のイヤフォンジャックに本体を挿しこみ使用するi-Key。

本体サイズはとても小さいです。

DSC 0004  2014 12 22 15 18 41

専用のアプリを使用し、ボタンのクリック回数別に立ち上げるアプリなどを割り当てることが出来ます。

※動作対象:Android バージョン4以上

使い方

まずはパッケージ裏に表示されているURLから、アプリをダウンロード。

DSC 0043  2014 12 17 17 14 54

アプリをインストールし、android端末のイヤフォンジャックに本体を挿しこむ(少し固め)と、

DSC 0006  2014 12 22 15 19 13

「ヘッドホンかi-keyか?」と聞かれるので、「i-Key」を選択し、クリック回数毎の動作で起動するアプリや機能を設定します。

DSC 0001  2014 12 22 15 17 45

その後、ヘッドに付いているButtonをクリックすると…

DSC 0008  2014 12 22 15 19 46

設定したアプリや機能が起動します。

※設定していたライトが点灯した図

DSC 0009  2014 12 22 15 19 57

※アプリ画面でなくても起動しました。電源ボタンを押して画面が切れている状態でも起動しました。

物理キーでアプリや機能を即起動出来るというのは中々面白いですね!

使用例

電源ボタンとして設定することも出来るので、ワンクリックで電源ボタン。

ダブルクリックでカメラを起動。

トリプルクリックでよく使用するアプリの立ち上げ。

などなど…。

アイディア次第で色々な自分に合った使い方ができると思います。

私は、ワンクリックで、ホームボタン。ダブルクリックでメモリ解放。トリプルクリックでライト点灯。に設定してみました。

メリットとデメリット

メリットは勿論、物理キースイッチを本体に追加してアプリや機能の割り当てに使えること。

デメリットは、イヤホンジャックを専有してしまう事と、イヤホンジャックを毎回抜き差しすると「ヘッドホンかi-keyか?」と聞かれること。

私は普段bluetoothイヤホンを使用しているので問題ありませんが、ヘッドホンを使う度本体を取り外さなければいけないので、音楽をよく有線のヘッドホン,イヤホンで聞く方は少し面倒くさいと思います。

DSC 0002  2014 12 22 15 17 56

安い割に面白い!

物理キースイッチが簡単に追加出来て、好きなアプリなどを設定し使えるというのはとてもおもしろいと感じました。

値段もとても安いし、なんとなくでも試すと意外と気に入るかもしれません。

個人的には中々気に入っており、暫く使ってみようと思っています!

また、感じたコトや耐久性など気になったことがあればレポートしたいと思います。