ハワイ旅行に行った際、海外からでもネットに接続して携帯電話やパソコンを使いたいと思い調べてみると、docomo,au,softbankの携帯各社の海外パケット定額サービスの料金は普通に使うと大体一日3,000円ほど。

今回の旅行は6日間の滞在だったので、合計1万8千円程になってしまうと思うと少し高い。

しかも、1日の単位が日本時間の午前0時からカウントされる様で、タイミングによっては、余計な出費が増えそうでした。

という事で、色々と比較した結果「グローバルwi-fi」のモバイルルーターをレンタルする事にしました。



SPONSORED LINK

海外でのスマホからのネット利用「グローバルwifi」 モバイルルーター利用レポート

以下、検討した内容や実際に使用した感想などレポートしたいと思います。

モバイルルーターのレンタルを選んだ理由

ハワイでもスマホやパソコンからSNSやブログ更新などネットを利用する上で、検討したのは以下の3つ。

・日本の携帯各社の海外パケ放題プランの利用
・プリペイドSIMの契約
・モバイルルーターのレンタル

日本の携帯各社の海外パケ放題プランは手間はありませんが、価格が高すぎるので却下。

プリペイドSIMの利用は、モバイルルーターレンタルとの価格差が意外にあまりなく、SIMを差し替えたり、通信量の制限や契約の手間を考え却下。

モバイルルーターのレンタルは、日本で借りて出発できるので到着直後に電源を入れれば空港からすぐに利用できるし、同時に複数台繋げられるのでスマホとタブレットとPCと繋げたり、旅行に行った人と一緒に使えたりと何かとメリットが多いと思い決めました。

という事で申し込んだのは、中部国際空港内でルーターの受け渡しが出来、価格も安い「グローバルwi-fi」。

webから申し込み

まずは「グローバルwi-fi」のサイトから申し込みです。

受付は出発の前日15時までWEBから申込み出来ます。空港のカウンターで直接受付することも可能な様ですが、空港で時間を掛けたくありませんしwebで申し込んでおいたほうが楽ですね。

旅行の期間と旅行先、受取,返却場所を指定して、

海外WiFi レンタル|グローバルWiFi お申し込み お見積もり|海外WiFiレンタル

保証サービスや追加オプションを選択。

海外WiFi レンタル|グローバルWiFi お申し込み お見積もり|海外WiFiレンタル

私は保証パックもオプションも必要なかったので、ルーター単体の契約。

海外WiFi レンタル|グローバルWiFi お申し込み お見積もり|海外WiFiレンタル

合計金額は、6日間の滞在で4,320円(1日720円)になりました。かなり安いですね。

空港(セントレア)で受け渡し

申し込みをしたら、出発日に空港でルーターを受け取ります。

中部国際空港の受け渡し場所は、名鉄電車の中部国際空港駅から降りてスグ左手にありました。

DSC 0254

店頭で申し込んだ内容の確認。受付は数分でスグにルーターを受け取れました。

DSC 0255

セットには、ケース,本体,ケーブル,ACアダプタが入っていました。

DSC 0272

なお、日本国内の主要国際空港、成田空港・羽田空港・関西国際空港・中部空港・福岡空港・新千歳空港で受取が可能で、宅配での受け取りも出来ます。

ハワイでの通信速度など

ホノルル国際空港に到着して、

ルーターの電源を入れて本体裏に記載されたパスワードを入力し接続したらスグに使用出来ました!

DSC 0275空港での速度はダウンロード3.2Mbpsアップロード0.43Mbps。

ワイキキの中心部で、

ダウンロード1.56Mbpsアップロード1.84Mbps。

ワイキキのビーチで計測してみると、

ダウンロード0.64Mbpsアップロード2.78Mbps。

少しアップロードが遅く感じますが、SNSへの写真の投稿やgoogleMAPで道順を調べたり英会話のチェックなどのwebでの調べ物など、勿論使用する時間や環境で上下しますが日本より間違いなく遅いですが体感としては使用に問題ないレベルでした。

使用した感想

旅行前はハワイに行ってまでネット環境いるかなぁと少し思っていましたが、飲食店や店舗のチェック、Mapでの道順のチェックや英語のチェックなどなど、思った以上に調べることが多く、契約して本当に良かったなと思いました。

暇な時にゲームをやるにも通信が必要なゲームが多く、やっぱりスマホなしではいられませんね。

価格も安く、申し込みも受け渡しも簡単。接続が途切れることや不具合もなく使用も問題なく出来ました。

海外に行く際はまた利用したいと思いました。