ラジコン改造ブログ2

先日、夢だったRCカーを購入しました。

購入したのはTAMIYAの『ホリデーバギー』

初めてラジコンを組み立てて、初めて走った時は嬉しくて嬉しくて、ホントに楽しくて楽しくて!

楽しすぎると、もっと楽しくしたいと思うのが常で、やることは一つ!ラジコンの改造ですね。

という事で、チューンナップだ!改造だ!

と、プラベアリングからラバーシールベアリングへの交換、380タイプモーターから540スポーツチューンモーターに交換を行いました!

SPONSORED LINK

ラジコン改造!『540スポーツチューンモーター』『ラバーシールペアリング』取り付け!

ラジコンの性能アップを求めて、ベアリングをラバーシールベアリングへ交換し、380タイプモーターから540スポーツチューンモーターに交換に初挑戦。

色々と、シャーシ毎に必要なアイテムが違ったりと難しかったですが、なんとか交換チューンナップに成功しました!

ペアリング交換!

まずはベアリング交換から。

走行時のロスを減らすベアリング交換は、まず改造に取り組む上で、一番簡単で効果が高く、よりいっそう軽快な走りが楽しめるということ。

コレはやるしかない!と、付属のプラペアリングをラバーシールペアリングに交換しました。

ベアリングのサイズも有るようで、探して交換したのは、ラバーシールベアリングセット(1150×16)。Amazonで購入しまいた。

コチラが届いたベアリング。ちなみに、ホリデーバギーは14個のベアリングを使用するとのこと。

DSC 0001

タイヤを外して、

DSC 0004

プラのベアリングを、

DSC 0007

ラバーシールベアリングに交換!

DSC 0009

走行ロスが減るというベアリング交換、走りの変化が楽しみです!

モーター交換

そして、こちらも効果が高いモーター交換。

『ホリデーバギー』に付属のモーターはRS-380という小さいモーター。

このモーター、燃費がよくパワーもそこそことのことですが、若干力不足。

更なるパワーと速さを求めて、540モータをチューニングした540スポーツチューンモーターに交換してみました。

コチラが届いたモーター。

DSC 0002

ブラックに色付けされたスポーツチューンされたモーター。

DSC 0012

付属のモーターを取り外して、交換します!

DSC 0013

こちらも変化が楽しみ。

ホリデーバギーのモーター交換はピニオンギアに気をつける!

このモーター交換時に気をつけなければいけないのが、ピニオンギアというモーターの回転をタイヤに伝える為に必要な歯車。

この歯車の歯数がシャーシなどによって違う様で、ホリデーバギーのピニオンギヤは17Tというもので、一般的な販売店には置いていないので、交換するにはタミヤのカスタマーサービスに注文が必要なんです!

僕はコレに気が付かず、使えないピニオンギアを購入してしまい二度手間になってしまったので、もし交換の方は注意して下さい!

下記が、カスタマーサポートに注文した品名と型番。この番号を伝えるとスムーズです。

14305125 モータープレート
84181 「AO-5044 08 ピニオンギヤ 17T(2個)

カスタマーサポートから届いた、ピニオンギア(17T)とモータープレートがコチラ。

DSC 0008

このピニオンギアをモーターに取り付けて、

DSC 0010

モータープレートを貼って、ラジコンに取り付けたら完成!

DSC 0011

コレでホリデーバギー改造は完了!

改造ホリデーバギーの走りの違いがわかる動画

後は、走るだけ!という事で、早速走りの違いを体感してきました!

@beat910さんに協力して頂き動画撮影してきましたので、どうぞラジコンのパワーアップを確認してください!

完全に力がパワーだという事が、わかって頂けたと思います!

Youtubeのチャンネル登録もお願いします!:チャンネル登録

ラジコン改造をしたのりごとーの感想


シャーシに合う部品を調べたり、カスタマーサポートに問合せたりと、初めてのホリデーバギーの改造は中々大変でした。

でも、大変だったからこそ改造したラジコンが組み上がった時の喜び、走りが違った時の嬉しさは本物。

苦労や無駄っていうのは、喜びのとっても大切なスパイスなんだと改めて感じることが出きた、ラジコンの改造。

ラジコン、最高に楽しいですッ!!

1/10RC ホリデーバギー (2010)