DSC 0160

TVや雑誌などでも取り上げられる人気のカプセルホテルが京阪四条にある。

清潔でお洒落な近未来的な館内、シンプルで統一感のあるデザイン、「9h(9時間)」の滞在で効率的に旅の疲れを癒し睡眠をチャージする「眠りの拠点」というコンセプト。

2009年12月のオープン時はかなり話題になった、デザイン・カプセルホテル「9h(ナインアワーズ)」

カプセルホテル未経験で少し躊躇したんですが、先日京都を訪れる機会があったので折角なら一度モノは試しで泊まってみようと、一泊してみたら、コレが中々快適でお洒落で、思った以上に素敵でした!!

SPONSORED LINK

カプセルホテルを超えた次世代型カプセルホテル『ナインアワーズ』京都寺町

「9h」は、阪急河原町駅から徒歩2分、京阪祇園四条駅・地下鉄四条駅から徒歩5分の寺町通り沿いで、スグ隣にはコンビニがありました。

DSC 0130

白一色のお洒落な館内

自動扉の向こう側は、白一色のデザインカプセルホテル。白色系の館内は外から見ても、ホテルと思わない程の雰囲気です。

DSC 0133

入り口で靴をロッカーに入れ、目の前のフロントでチェックインと同時にロッカーの鍵を一緒に預けるシステム。

9hのロゴの時計が目を引きます。

DSC 0137

無線LANの使えるロビー

フロント奥のロビーでは無線LANが使えます。

DSC 0135

が、コンセプト的にあくまで寝りの拠点という事もあり、あまりココでガッツリPCを弄る!という感じではありませんでした。

DSC 0138

館内のフロアにはわかりやすいロゴマークの表記が描かれていました。

DSC 0140

男女別のフロアとエレベーター

チェックインを済ませたら、男性は9階、女性は3階のロッカーフロアへあがります。

館内は1階以外全て男女別フロアになっており、エレベーターも男女別になっています。

DSC 0141

ロッカー・シャワーフロア

ロッカー・シャワーフロアは、手前にトイレ、中央にロッカー、奥にシャワーという作りになっています。

フロントでロッカーのキーを渡されるので、渡されたキー番号のロッカー探して開け、手持ちの荷物を入れます。

DSC 0145

大きなスーツケースなどは入らなさそうですが、2,3泊ほどの旅行かばんなら入るくらいの大きさはありました。

※大きなスーツケースはフロントで預かっていました

ロッカー内に、館内着の作務衣、バスタオル、ハンドタオル、歯ブラシが入っているので、シャワーを浴びたら館内着に着替えます。

DSC 0148

手前が脱衣スペースになっているシャワーブース。奥には共用のバスタブもありました。

DSC 0152

カプセルフロア

シャワーを済ませ、館内着に着替えたらカプセルゾーンへ移動します。

なお、一度入館しても館外へ出ることも出来ます。私はチェックイン後、荷物だけロッカーに入れて、外で食事して戻りました。

コチラがカプセルフロア。使用出来るカプセルはロッカー番号と同じ番号のカプセルです。

DSC 0158

ロッカーと同じ番号のカプセルを探すのですが、チェックイン時に該当の番号のカプセルを点灯してくれている様で、光っているカプセルから探せばいいのでスグに見つかります。

DSC 0164

カッコいいカプセル内

コチラがカプセル内。

DSC 0160

カプセルホテル初体験なのですが、メカメカしくてSFチックなカッコいいカプセル内にテンションが上りました。

枕元の左右には、携帯電話やロッカーの鍵メガネなどを置いておくのに良さそうなくぼみがあります。

DSC 0163

SPONSORED LINK

中に入ると、まるで宇宙船にでも乗った様な気分になります。

睡眠姿勢をサポートする枕

質の高い眠りにこだわるカプセル内のポイントの一つが枕。

4つの異なる素材を6つの区分に分けて配置された合理的な構造の枕が、自然な寝返りを助け、睡眠時の姿勢をサポートするとの事。

このカプセルの内壁にフィットする形の枕、起きた時首が痛いという事などなく、フィットし寝心地良くスッキリ眠れました。

朝日のような光で目覚める寝室環境システム

生活リズムと光の関係から、睡眠・覚醒のリズムをサポートし、より良い眠りを提供するという「寝室環境システム」

これがめちゃくちゃ良かったです。

起床時刻を設定してシステムを起動させると、天井の光がゆっくりと暗くなっていき、翌朝の起床時刻に近づくと朝日が登っていくように徐々に明るくなり、スッキリと目覚めることができました。

SlooProImg 20130507104148
光で概日リズムを修正してくれるとの事で、カプセル内でも本当に気持ちよく、スッキリとした朝を迎えられるこの「寝室環境システム」はホント素敵です。

あんまり光で目覚めるシステムが気持ち良かったので、その後「」という、自宅で使う光目覚まし時計を購入してしまいました!

コチラは後日レビューしようと思います!

カプセル内の操作パネル

パネルには、コンセント×1、時計、ルームライトのスイッチと「寝室環境システム」のスイッチ類です。

コンセントが一つ付いているので、ここで携帯の充電などが出来ます。

カプセル室内空間

カプセル内は完全に密閉されるわけではなく、ロールカーテンのようなもので閉じることになります。

SlooProImg 20130507104152

締め切るわけではないので、防音性は高くなく、人の移動音など聞こえてきます。

私も神経質な方なので、これチョット気になるかなぁと思いましたが、意外にすっと眠ることが出来て、その後も安眠できました。

コレも、カプセルの睡眠環境が良かったからかもしれません。

一泊してみた感想 眠るだけなら満足!

一泊してみた感想としては、テレビ、冷蔵庫、客室のインターネット環境などの、いわゆる普通のビジネスホテルにあるものがないので、そういったものが必要なく、本当にホテルは泊まるだけ!という方にとっては十分に満足のいく環境だと思いました!

「睡眠」にかかわる部分に焦点を絞りこだわった作りなので、その点は本当に質の高いものになっていると思います。

ホテルではシャワーを浴びて寝るだけという人には、良い選択肢の一つになると思います!

9h 店舗情報

住所:京都市下京区寺町通 四条下ル貞安前之町588
TEL:075-353-9005
楽天トラベルで17時間滞在 平日限定3,200円~

公式site:nine hours