DSC 0747

福岡市姪浜の渡船場からフェリーで10分で着くリゾート、博多のハワイこと福岡市民の憩いの島『能古島』

博多湾にぽっかり浮かぶ自然豊かなこの島に、一年中季節ごとの花が楽しめる癒しスポットがあるという事で、行ってきました『のこのしま アイランドパーク』

SPONSORED LINK

福岡からフェリーで10分で着く博多のハワイ!能古島『のこのしまアイランドパーク』

能古島北部に広がる約15万平方メートルの自然公園に咲く綺麗な花々、離島ならではの絶景、レトロな町並みを再現した思ひ出通り、とっても素敵な癒しスポットでした。

中でも、島から海を一望できる大パノラマに広がる菜の花畑は本当に最高でした!

早速入園!

入園口が小高い丘になっているので、入園するとスグにパークの絶景が広がります。

DSC 0566

美味しかったよもぎ餅

入り口スグの所でイイ匂いに誘われて歩き出すと、よもぎ餅をめちゃくちゃ良い感じで焼くおばあちゃん。

DSC 0571

「さぁ今日は花を堪能するぞ!」といきっていたのですが、あんまりにも美味しそうで、「やっぱり花より団子だ!」と即購入、パクリ!美味い!

DSC 0572

腹ごしらえしたら花を堪能!

お腹も膨れたところで、やっとこさパークの花を堪能。

DSC 0564

行ったのは4月始めだったのですが、残念ながら桜はチリ気味。

DSC 0575

これが、桜満開だったら本当に最高だなぁと思いましたが、

DSC 0581

散った桜の花びらが、降り積もって桜の花びらのジュウタンになっていてコレが綺麗でした。散ってなお美しい桜。

DSC 0588

約15万平方メートルの敷地面積を有するパーク内を散策します。

DSC 0591

パークに咲く花々

パーク内各所に咲く、綺麗なチューリップや、

DSC 0594

なんか(名前わからんw)や、

DSC 0790

なんか(これも名前わからんw)や、

DSC 0597

ポピー(かな?)の花々が、

DSC 0599

エアコンやTVのリモコン操作など、都会の生活に疲れきった私のハートを癒してくれます。

DSC 0613

パッ、クルクル~

花粉症で鼻詰まっててなにも匂わないけど、うーん良い香りっ!

DSC 0611

クンスカクンスカ

うさぎが可愛いミニ動物園

花だけでなく、パークにはミニ動物園があり可愛い動物たちと触れ合うことが出来ます。

DSC 0623

ピーターラビットの様なとっても可愛いうさぎちゃん達。

DSC 0632

餌が売っていますので、餌をうさぎにあげて触れ合うことが出来ます。

うーん、可愛い!

DSC 0642

ウサギの他にも、ヤギやニワトリ、カモなどもいました。

レトロな町並み「思ひ出通り」

昭和初期のレトロな町並みを再現した「思ひ出通り」

いい雰囲気の公衆電話や、

DSC 0665

囲炉裏のある家の軒先。

DSC 0671

ポンプ組み上げ式の井戸なんかもありました。キコキコすると、バシャバシャと水が出てくるのでとても面白かったです。

DSC 0678

思ひ出通りを抜けると大パノラマ!

レトロな思ひ出通りを抜けていくと、海が一面に広がる大パノラマ。

DSC 0691

芝生の先に一面の菜の花畑と海の絶景が広がります。

DSC 0694

最高の菜の花畑

一面の菜の花畑。

DSC 0710

バックには海が広がっており、本当に最高の景色。

DSC 0701

何時間でも眺めていたくなる最高の景色。

DSC 0709

この風景を魅せられたら、やっぱりやっちゃいますよね。

この素敵な景色を台無しにする、僕のかわいこちゃんポーズ!

DSC 0732

…。

只今、大変不適切な画像が流れたことをお詫びします。しばらく、このままお待ちください。

DSC 0747

海が望める芝生広場に流れるゆったりした時間

小高い丘になった芝生広場は本当にゆったりした時間が流れていました。

DSC 0771

芝生でゆったりしながら眺める海も最高!

DSC 0766

博多のハワイと呼ばれるだけのことはある、本当に癒されるくつろぎの時間。

DSC 0776

まだまだ帰りたくないけど、ホントに癒された。

ニッコニコの大満足で帰路につきます。

DSC 0794

気持ちのよい時間が流れていた能古島アイランドパーク、最高の離島でした!

また行きたいです!

のこのしまアイランドパーク 情報

住所:〒819-0012 福岡市西区能古島
TEL:092-881-12494
入園料:大人1,000円 小人500円 幼児(3歳以上)300円