書評なんて大したものじゃないですが、かなり驚くくらい生活に変化があったので本の紹介をしたいと思います。
読書感想文くらいに思っていただければと思います。

この本はかなり有名な本で、ご存じの方も多いと思います。

GTDと耳にすれば、ビジネスマンの方ならあぁ例のあれねと、ニヤリとほくそ笑むことだと思います。

若い方なら、あああのグレートなティーチャーねと、勘違いされることだと思います。
残念ながら鬼塚先生ではないですけれど、あのグレートなティーチャーに負けず劣らず、今を大切にしてくれ、未来の方向を指し示してくれる一冊だと思います。

それがこの本、「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 」です。

SPONSORED LINK

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビットアレン著

本の中で、著者デビットアレン氏は言います。
「頭の中にやることを残しておいては、いつまでたっても物事はすっきりしないと。
やるべき事は頭の中からすべて吐き出し頭の外で管理する」
のだと。

また、「2分でできることはすぐに実行する事。」と言っています。

本書での指示はこのようにとても明確で、わかりやすく実行する気にさせてくれます。

変に、やる気だとか目に見えない何かに必要に訴えかける自己啓発本よりはるかに、やる気になります。個人的には。

あの松井秀喜さんの恩師星稜高校監督山下智茂さんの言葉に、

「心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる」

という有名なものがあります。

僕はこの本を読んでこの言葉の別の面に気がつかされました。
行動が変われば、心も習慣も変わる。ということに。

本の中で繰り返される、「次に行うべきアクションを明確にする事」という言葉の持つ意味、それは山下智茂さんの言葉に通ずるものを感じます。

この本を読んでいない方の次に行うべきアクションは明確です。
この本を読んで、実践することです。

トゲトゲしたボールを司会者にむかって投げつけたくなるような、モヤモヤした頭に悩んでいる方は、頭の中がスッキリする事請け合いです。

今回紹介した本