のりごとー( @nori510 )です!

1年ぶりに帰ってきた暴飲暴食家@beat910の暴飲暴食シリーズ。

前回のあらすじ

【 @beat910の暴飲暴食ドラマ】衝撃の800gモヤシ入りラーメン暴れ食い!『天高く翔べ!』〜エピローグ〜 – nori510.com

1年間行方知れずになっていた暴飲暴食家ビート。連絡が取れなくなった日から丁度一年後の2012年12月24日、ガテン系ファッションに身を包む彼に出会った。

一年ぶりのビートに胸踊る私だったが、一年の間に何があったのか「俺はもうビートじゃない!」と、何故か自分がビートであることを認めない彼。

押問答の末、彼は突如倒れ、私は彼を病院ではなくラーメン屋へとかつぎ込む。

それでは続きをどうぞ。

SPONSORED LINK

『天高く翔べ』800gモヤシ入りラーメンの暴飲暴食でビート天に召される!?

ビート:オィごとー編集長!どうなってんだ!なんだココは!…まぁ取り敢えず入ってみるか。

DSC 0794

ビート:オィ!なんだなんだ!ラーメン屋じゃないか!ココ!!ノリ編集長グッジョブ!…エーオラ!どういうコトだ!

ビート:何々…前払い方式だぁっ!さて、どれにするかな。ん?ここカード使えないじゃないか!タココラ!

DSC 0797

とても目が覚めたら突然ラーメン屋だった時の反応とは思えないが、当たり前にラーメンを喰おうとするビート氏。

どんなに否定しても、暴食家としての血がそうさせるのだろう。

「現金で払ったらどうですか?」と、アドバイスするも

ビート:現金なんてもう残ってねーよ!…まぁ、勿論カードも止められてるんだけどな!アァ腹減ッタ。

と、あまりに目に見えて落胆するビート。

DSC 0804

カードで支払おうとしたのはポーズだけか!と突っ込もうと思ったが、それ以上に彼を不憫に思った私は、彼に食券を差し出した。

大盛りラーメン、ラーメン、チャーシュー×2という大ボリュームの食券を。

今日は12月24日クリスマス。久し振りのビートの暴飲暴食、クリスマス暴食と洒落込もうではないか!

DSC 0806

さぁ、お手並み拝見といきますか!

早速、ラーメン大盛り 野菜増し増し(800g)+ラーメン野菜増し増し(800g)の注文を、豪快に店員に叩きつけたビート!

DSC 0798

が、店員さんに「物凄い量になりますけど、本当に大丈夫ですか?」と心配そうに呟かれてしまう。

それに対して、

ビート:なめとるのか!?オレは暴飲暴食家、ビートや!…すいません。じゃあラーメン大盛りの方は野菜増し(400g)にして下さい。

と、少しだけ弱気な一面を魅せたビートだった。

しかし、そんな弱気な一面よりも、さり気なく自分がビートであることをあっさりとカミングアウトしていたのが、とても気になった。

出会った時の、「オレはもうビートじゃない!」のくだりは何だったのか。

まぁ今は彼の暴飲暴食を拝めれば、そんな些事はどうでもイイ。

そう思わせてくれる様な暴食をきっと彼は魅せてくれる。そう私は確信している。

ラーメン大盛り野菜増し増し(800g)+ラーメン野菜増し(400g)を準備する店員さん

物凄い量のモヤシを盛りつけていく店員さん。コレは半端ないわ!と笑いを堪えるのに必死な私を横目にビートは…、

DSC 0811

サングラスをケミストリー川畑風に掛け替え、じっとみつめていた。

DSC 0816

最近そんなかけ方の人いないw!やっぱ、流行りものなんかも、一年間のブランクを感じさせられるわ!…いや、一年前でも誰もやってないわ!と突っ込みたかったが、暴食前の彼の邪魔をするわけにはいかないので、コレもやめておいた。

すると、徐にヘルメットを脱ぎ、

DSC 0820

サングラスを戻し、じっと料理風景を見つめる彼。きっと彼の中で色々な化学反応が起こっているんだろうと思いたい。ケミストリーだけに。

DSC 0821

そして、コップに水を注ぐビートだったが、コップには何故かレンゲが。

DSC 0822

そのまま、水を注ぎ、所定の位置にセットするビート。

何の意味があるか一切わからないが、きっと彼なりの暴食前の儀式なのだろう。

一年前も様々な儀式を眼にしたものだ。が、こんな儀式は見たことがないので、彼もこの一年で何かを得たのかもしれない。

DSC 0824

そこに注文品が届く。

ラーメン大盛り野菜増し(400g)登場!

コチラが、ラーメン大盛り野菜増し(400g)

DSC 0826

ラーメン野菜増し増し(800g)登場!

そしてコチラが、ラーメン野菜増し増し(800g)

DSC 0838

想像以上だったのだろう。物凄い分量に呆然としてしまったビート。

気がついた時には、脱いだはずのヘルメットをかぶり直していた。この壮絶な量に、何か危険を察知したのだろうか。

DSC 0839

それにしてもすごい量のモヤシ。

が、暴食の醍醐味は想定以上の量を無理やり喰らい詰め込むこと。それが暴飲暴食、それが暴食家のたしなみである。

モヤシたっぷりラーメン暴食開始!

流石、ビート。ひよったかと思ったら物凄い勢いで、食べ始めた!

DSC 0842

喰らい、そして…

DSC 0845

サングラスをかけ直し、間近で見つめるビート。

DSC 0848

彼なりのPDS(「Plan(計画)→Do(実行)→See(統制))サイクルだろうか。

恐竜の様相で喰らうビート

Seeのあとは、Planを通り越して、再びDO!(実行)

恐竜のような様相で喰らっていく。

DSC 0856

何故か、何度も何度も、サングラス、ヘルメットを付けたり、外したりしながら、

DSC 0866

食べ進めるビート。

DSC 0868

コレも彼なりのPDSサイクルだと信じたい。

苦戦するビート

勢いよく食べはじめたビートだったが、やはりというか当然というか、圧倒的な量に大苦戦。

物凄い量を食し、発熱してしまったのかお手拭きで頭を冷やしていたのが印象的だった。

DSC 0882

そして、ラーメンの橋渡しなのだろうか、何故かサングラスをラーメン皿の中央に配置していた。コレにはどんな意味があるのだろうか。

DSC 0891

彼の行動には、コチラにはまるで意味がわからない謎も多い。が、それでも物凄い量を実際に暴食してしまうのだから、彼なりの意味が何か有りそうな気がする。

壮絶な暴食におばあちゃん化してしまったビート

その後物凄い暴食の末、急激に老けこみおじいちゃんの様になっただけでは飽きたらず、性別まで通り越しておばあちゃんのように変わり果ててしまったビート。

DSC 0908

どうしてそこまでしなければならないのか。見ているのがツラい!

ビートまさかのギブアップ!?

そんな事を思っていると、残り本当に僅かまで来た所で「もぅダメだ!クソッ!!」とポケットから小銭を握りテーブルに叩きつけたビート。

DSC 0912

コレはなんの儀式なのか!?

考えを巡らせるとハッと気がついてしまった

この店には「増し増し以上の食べ残しペナルティーは200円を支払わなければならない」というルールが有る。

Skitched 20130124 060421

まさか!?ビートさん、ギブアップなのか!?

と思ったが、テーブルには190円しかない。

DSC 0913

ビ、ビートさん。。食べ残しペナルティーは、200円になりますが…。。10円足りません。。」と告げると、天に見放された様な表情で意識朦朧としてしまうビート。

DSC 0919
本当に、あと10円がないようだ。

たった10円足りないだけでギブアップ出来ない悲運に見舞われたビート。いやしかし、コレは悲運ではなく幸運なのかもしれない。

何故なら、結局仕方なしに完食してしまったのだから。

DSC 0918

流石ビート!10円が足りない不運を幸運に変えてしまう男!

が、一度心が折れギブアップしかけただけあって、完食後のビートはもはや人間の顔の原形を留めない様な苦しさに包まれた表情をしていた。

DSC 0923

それにしても、様々な儀式を繰り広げながら本当に、800gモヤシ入りラーメン+400gもやし入り大盛りラーメンを完食してしまったビート。

本当に彼の暴食には言葉もない。

完食後ビート退店

物凄い暴食の末、フラフラになりながら退店するビート。

DSC 0924

なんとか店を後にした。

そして、気がつくと圧倒的な暴食を物語るように、彼のサングラスはいつの間にか片方になっていた。

DSC 0929

その後、何故か「太陽が眩しい」とヴァンパイアの様な事を言うと思ったら、再び倒れてこんでしまう。

DSC 0935

それだけ無理のある暴食だったのだろう。

返事がないただの屍のようだったので、仕方なくなんとか担ぎ上げ、彼を連れて行くコトにした私。

入店の際担いだ時より、1.5kg程彼の体重を重く感じた。

DSC 0936

が、よく考えたら連れて行くあて(大食い出来そうな飲食店)がもうない私は、どうしたらいいかわからなかったので、元々倒れていた道端に彼を連れて戻り、

DSC 0937

冬の寒空では可哀想だったので、そっと網をかけて帰った。

DSC 0943

きっとまたココに来れば彼に会えそうな気がする。

暴飲暴食まとめ

腹八分目クソ食らえ!倒れるまで喰らうのが暴飲暴食だ!

無難なんてもんは、難も無ければ幸もない!

一か八かのバチバチ感だけが生きてる実感を与えてくれる!

彼の倒れながらも穏やかな表情から、そんな言葉が聞こえてきそうだ。

近頃の無難にやり過ごす世の中の風潮に風穴を開けるような気持ちのいい暴飲暴食、そんな一本筋の通った男気に惹かれてしまうのかもしれない。

たかが暴飲暴食、されど暴飲暴食。

やはり、これからも彼の暴飲暴食を見届けない訳にはいかない。

[via 暴飲暴食家@beat910 beat910.com]