速水のりみち( @nori510 )です!

料理下手な私の婿入り修行として始まったクッキング企画「NORI’Sキッチン

今回で早くも第三回目。

三回目の今回は、寒くなってきたこの季節にうってつけの洋風おでんこと、ポトフ作りに挑戦してみました。

SPONSORED LINK

ワインに合う料理群!ポトフ作りに挑戦!

ドンドン鍋に野菜を放り込んで煮込んでいくスタイルは、手間が掛からず野菜も摂れるので、栄養の偏りがちな一人暮らしにピッタリだと教えてもらいました。

ポトフに必要な具材

3~4人前
・スペアリブ 400g
・ベーコン 一束
・玉ねぎ 2個
・ニンジン 2本
・じゃがいも 小5個
・キャベツ 1/4
・トマト 3個

今回のお助けシェフ ショウタロウ

今回も前回に引き続き、お助けシェフ、ショウタロウさんの指導のもとポトフ作りに挑戦します。

のりみち「今回もよろしくお願いします!

ショウタロウ「ハイ、よろしくー。ってあれ?今日の漢ごはん、太一クンじゃないの?びっくりして、鼻がニンジンになっちゃった!!

のりみち「…はい。…前回と全く同じパターンですね。…まぁ、…なんというか、よろしくお願いします…。。

ポトフの作り方 レシピ

というコトで、ポトフとの死合開始!Let’s ファイト!

スペアリブを切っていきます。

適度に切ったら、フライパンで炒めます。

良い感じに炒めたら、あんまりにも美味しそうだったので、

味見しまーす。素手で持つととっても熱いので気をつけて下さい。

炒めテクニック披露

続いて、玉ねぎを炒めていきます。

華麗にフライパンテクニックを駆使して炒めます。

のりみちのオリーブオイルでお馴染み、お得意の高所炒め。

低所でも炒めます。

それをみたショウタロウさんも「オレもテクニック魅せてやる!!」と炒めます。

テクニックを魅せつけたら、大量にこぼれた玉ねぎを、

丁寧に拾いまーす。下手くそか!

炒めた具材は鍋に次々と放り込んでいきます。

オリーブオイル、ダブル高所テクニック披露

続いて、じゃがいもとニンジンを炒めますが、その前にオリーブオイルを鍋にしきます。

オリーブオイルはのりみちの見せ場。鍋もオリーブオイルもダブル高所の高難度テクニックを魅せつけまーす。

オリーブオイルが引けたら、炒めます。

ニンジン、じゃがいもを炒めている間にトマトの湯むきにトライ。

裏に☓印を包丁で入れたら、

沸騰した湯にサッと通します。

すぐあげれば、簡単に皮がスルッと取れます。

そして、ベーコンを炒めます。

美味しそうに炒めたら、

鍋に投入。キャベツはそのままざく切りで投入します。

あとは、水と、コンソメで煮込んでいきます。

ここまでくればあとは煮込むだけ。ワインで小休止と洒落こみます。勿論男らしく瓶ごとでーす。

ワインに合うおつまみ作り

あとは、ワインにあうツマミ類を作り。

生ハムを綺麗に盛り付け、少しはちみつを垂らしてアクセントを加えてみました。ワインによくあいます。

そして、ソーセージを煮込んで、

生トマトとモッツァレラチーズを切って盛り付け。

ポトフ+ワインにあうおつまみ完成

鍋はよく煮込んだら、出来上がり。

パカ フワァー っと湯気がお出迎え。いい匂いが立ちこめる幸せな瞬間。

コチラが完成したポトフ。野菜は採れるし、身体の芯まで温まって美味しかった。

ワインにあう美味しい料理群に舌鼓をうちました。

想像以上に簡単で美味しくいただけて野菜をしっかりと採れるポトフ。これからの季節にピッタリの簡単料理でした。

今回のNORI’Sキッチンも大成功。

次回もお楽しみに!