どーもノリ五藤( @nori510 )です。

MacBookProのHDDをSSDに交換しました。クソ速くなって、めちゃくちゃ快適です。

SPONSORED LINK

MacBookPro 15inch 2011 lateモデルのHDDをSSDに換装する手順

HDDの換装交換方法のご紹介です。

HDDからSSDへの交換時に用意するもの

まずは、SSDへの交換に必要な道具。

1.精密ドライバー (プラス)

裏蓋や、HDDの固定部品を開けるための精密プラスドライバー。

2.T6ドライバー

HDDについた固定ネジを外す為にT6のあまり見慣れない形のドライバーも必要になります。

3.交換するSSDやHDD

そして、当然交換するSSDやHDD。

換装するSSD512GBは3万円切り

今回選んだSSDについて。

512GBのHDDを使っていたので、同サイズのSSDが候補に。

512GBのSSDが3万円切ったら買おうと思っていたのですが、いよいよ普通に3万円以下で購入できる様になってきたので色々と探して、Crucialの「CT512M4SSD2」と迷いましたが、購入したのは読込速度540 MB/s、書込速度465MB/sと、早さも申し分なしの、ADATAの「ASX900S3-512GM-C」

SSDも安くて早くなりましたねー。

手順1.裏蓋を外す

では、HDDを交換する手順です。

まずは、MacBookの電源を落として、ウラ面を向けて、10箇所のネジをプラスドライバーで、外していきます。
MacBookProウラ面 ネジ位置

一つ一つ、丁寧にネジを回して外していきます。

DSC 0131

ネジの長さが二種類あり、長いネジ3本と短いネジ7本ですので、間違えないように、無くさないように注意します。

DSC 0132

ネジを全て外したら、裏蓋を外します。

DSC 0133

手順2.HDDを取り外す

裏蓋を外したら、HDDを取り外すのですが、

DSC 0134

まずはHDDを固定しているプレート、固定部品から外していきます。

こちらもプラスドライバーでネジを回して外します。
DSC 0135

固定部品のネジを取ったら、部品を外します。

DSC 0136

固定部品を取れば、HDDはそのまま外れますので、テープがついていればソレを引っ張りあげてHDDを外します。

DSC 0137

この際、SATAのコネクタケーブルがHDDに接続されているので、ゆっくり引っ張りあげて、ケーブルを両サイドから少しずつ丁寧に引き抜きます。

DSC 0138

手順3.HDDのT6ネジを交換するSSDに取り付ける

外したHDDの4隅にトルクスネジが4つ付いているので、コレを外します。

DSC 0142

ココで、トルクスドライバーの出番です。トルクスドライバーで外したネジは、

DSC 0146

新しい交換用のSSDに、

DSC 0147

ついていたHDDと同じように4箇所に取付けます。

DSC 0149

手順4. 新しいSSDをMacBookに取り付ける

先ほどの外した手順と逆の順番で、シリアルATAケーブルをSSDに取付け、
DSC 0150

HDDの入っていたスペースにはめ込んだら、固定部品を取り付けて、ネジを締めます。

DSC 0151

ネジを閉めたら、取付け完了。

DSC 0152

手順5.MacBookの裏蓋を取付け 交換完了

裏蓋のネジを、十箇所長いネジと短いネジの位置に注意しながら、

DSC 0154

締めれば、SSDへの交換完了です。

DSC 0153

あとは、新しいSSDへOSXのクリーンインストールや、Timemachineから復元などすれば、SSDの爆速MacBookProの出来上がり。

起動はえぇぇ~

SSDに交換後、Macを立ち上げるとキビキビ感が半端ない。

DSC 0155

すぐに立ちあげが完了してしまいました。

DSC 0156

アプリの立ち上がりも挙動もハヤイハヤイ。MacBookProのボトルネックはHDDの読み込み書き込み速度だったんですね。

皆さんの交換の際の参考になれば幸いです。