Dr.ゴトー( @nori510 )です!

私のりごとーが、白衣に身を包みDr.ゴトーとして、馬鹿なチャレンジに真剣に挑む実験コーナー『Dr.ゴトーのバカチャレ

今回は、iPhoneとiPadでドミノに挑戦してみました!

それではどーぞ!

SPONSORED LINK

iPhone&iPad徹底比較!ドミノ対決!

今回ドミノという事で、私個人のiPhone,iPadを含め、お借りできた機器達がコチラ。

DSC 0069

どーだ!コレが私の人望の薄さだ!!

今回は、この数で挑戦してみます!

Dr.ゴトー「今日はこいつらを使って、ドミノに挑戦します!

DSC 0096

雑誌の最終ページなどの広告のイメージ

iPhoneでドミノに挑戦!

一枚一枚真剣にiPhoneを並べていきます。表情はいつになく真剣そのもの。

DSC 0136

それもその筈。もし、ミスで倒してしまったら、お借りした人のiPhoneを倒すことになってしまう。…完成したら、勿論倒すんだけどね!

DSC 0118

丁寧に、ミスがないように並べていきます。

DSC 0121

MacBookAirをストッパーとして、安全を確保しながら調整します。

DSC 0131

が、コレが良くなかった。Airは自立しないので片手でAirを抑えながらのiPhoneの位置の修正時にミスが…。

Dr.ごとー「…しまった!!Airのストッパーはミスだった。。片手が塞がれてしまうッ。。

DSC 0146

Airをストッパーにしてはダメだと悟った私。

ジェロム・レ・バンナの敵はオレがiPhoneドミノでとる!

が、私が崇拝するK-1ファイター、ジェロム・レ・バンナ選手が圧倒的パンチ力を武器に優勝候補とされながらもグランプリ優勝を逃した翌年、「パンチだけではグランプリに優勝できない事がわかったゼ。…だからオレは一年間もう一度、パンチを鍛え直してきたぜ!」と再びグランプリに挑戦した時の、「この人クレイジーでカッコいいぜ!」と思った日のことが忘れられません。

という事で、私もバンナ選手を見習って、もう一度Airをストッパーにして挑戦することに!

今度こそは!慎重に片手で並べていきます。

DSC 0132

バンナ選手は、その翌年もグランプリ優勝を逃しましたが、今回私は見事にドミノをAirストッパーに片手をとられながらも立てることに成功。

バンナ!敵はとったぜ!

iPhoneドミノ完成 倒します!

という事で、iPhoneドミノ完成!

早速倒します。

トン

DSC 0290

パタパタパタ

DSC 0160

Dr.ごとー「オッケー☆実験大成功!

DSC 0151

少ないながらも、満足のいく結果となりました。

iPadでのドミノに挑戦!

続いて、iPadでのドミノに挑戦!

iPadを立てていきます。が、スグに表情が曇ります。ソレもその筈。想定外の出来事がおこったのです。

DSC 0164

なんと、iPadは自立しない。そんなまさかの事実が判明!

なんというか…知ってた!

コレでは実験が続けられない。試行錯誤を凝らします。

Dr.ごとー「…うーん。。コレは参った。どうしたものか。

DSC 0169

Dr.ごとー「…こんな感じに立てても。。ダメだよな。…わかってる!

DSC 0168

Dr.ごとー「あぁァァァッッlt!!だめだ!ダメだ!駄目だ!ちくしょー!!自分のバカァー!!!

DSC 0180

自分の無力を思い知ります。

Dr.ごとー「うーん。どうすればいいんだ。。…まてよ。もしかしたら。

DSC 0176

ココで、閃光のようなある閃き。

Dr.ごとー「…iPhoneと一緒に並べれば、もしかしたら、iPadがiPhoneと勘違いしてくれて…。

DSC 0267

Dr.ごとー「あぁァァァッッlt!!だめだ!ダメだ!駄目だ!ちくしょー!!自分のバカァー!!!

DSC 0180

自分の馬鹿さ加減を思い知ります。

iPadでの実験、失敗。

鋭い考察

Dr.ごとー「うーん。漫画読んだり、ネットサーフィンするには、iPadの方がいいんだけど…でも、ドミノに使えないんじゃ、現状やっぱりiPhoneの汎用性には勝てないなぁ。

DSC 0189

今回の結論

iPhoneでドミノはできるが、iPadでのドミノは不可能!

今回、私の浅はかな知恵ではiPadでドミノするに至らなかった。

現状、ドミノするなら絶対iPhone!!

が、人の歴史は試行錯誤の歴史。

iPadの可能性を広げたい(ドミノもしたい)という、言わば鳥のように大空を自由に飛びまわりたいという夢を叶えるために試行錯誤し続けるものがいれば、きっといつかiPadがほんとうの意味での自由を与えてくれる鳥の羽のような存在になれる日がくると、私は信じている。

今では人が、自由に大空を駆け回る事が出来るのだから。

願わくば、私もiPhone,iPadでの実験を続け、その一助になれれば幸いである。

これからも、実験チャレンジを続けていきたいと思う。