バッテリーの価格破壊はココまでキテたんですね!どーも@nori510です!

正直iPhone充電用のバッテリーはエネルーブ2個運用で満足してましたし、eneloopリチウムイオンバッテリーが一番だと思っていました。

参考↓
iPhoneの電池切れサヨナラ eneloopバッテリー2個で充電のし忘れナシの超快適運用! | nori510.com

が、今はもぅ違う。もっと大容量で割安なバッテリーがあるんですね。

iPhone約5回分の充電量を誇る10,000mAh大容量バッテリーがAmazonで2,480円。

しかもAmazonレビューを見る限り、中華バッテリーにありがちな難点もクリアしているっぽい。コレは買いでしょ!

と言う事で、買ってみました『enecycle EN03』。

SPONSORED LINK

10,000mAh 大容量携帯充電器 enecycle EN03

こんな感じの箱に入って到着した「enecycle EN03」。

enecycle箱

中身本体はeneloopライクなこんな感じ。

enecycle EN03本体

気になる製品仕様

箱の裏面には気になる製品仕様。

enecycle箱裏面

内蔵電池:リチウムイオンバッテリー 10,000mAh
入力:miniUSB DC 5V 1A
出力:USB1 5V2.1A(最大) USB2 5V1.0A(最大)
サイズ:70×99×23mm
重量:約240g

少ーしサイズと重量が気になる、こんな感じの製品仕様です。

新型iPad対応の2.1A+1Aのダブル出力!

出力USBが2.1Aと1Aで2つあるので、iPadとiPhoneを同時充電、なんて事も出来ちゃう。
USBダブル出力

まぁあんまりやらないかもしれないけど、やれるにこした事はない。

P1030671

充電はminiUSBから5V1A以上で!

5V1A以上の出力でminiUSBプラグを使って充電です。
充電はminiUSB接続

約12~13時間でフル充電と言う事。

インジケーターで残量チェック!

4つのLEDでバッテリーの残量を25%以下、25%~50%、50%~75%、75%~100%と視覚的にチェックできます。

今のバッテリーなら当たり前なのかもですけど、僕の持ってるeneloopは残量チェック出来ないのでコレも嬉しい。

インジケーターで残量チェック

充電中も点滅しているLEDの個数でどれ位充電が終わっているかわかるのも嬉しい点の一つ。

先端プラグ交換式USBリール式ケーブル付き!

バッテリーのみならず、嬉しい先端プラグ交換式のリール式ケーブルまでついてる。

接続機器は、NDS、MicroUSB、miniUSB、NDSL、Apple、PSPの全6種。

先端プラグ交換式USBリール式ケーブル
先端プラグ交換式は、持ち歩く際にケーブルでかさ張らないので非常にイイです。コレがオマケ的にバッテリーに付いてくる。イイですねー!

この値段で充電終了時自動OFF!

これ位の値段のバッテリーって、充電が終わっても電源が切れずに放電が続いて、抜くの忘れていると気がついたらバッテリーが空、という製品が多い印象。

充電終わりに気を配っておかなきゃいけないんで、非常に苦手なんですけど、これは充電終了したら自動でOFFしてくれます!

P1030669
コレは地味に嬉しいです。

まとめ

若干サイズや重量が気にならない事もありませんが、値段と容量のコストパフォーマンスを比較したら、これ程良い感じにバランスのとれたバッテリー、現状他にないんではないでしょうか。

当然iPhoneだけでなく、各種スマホや携帯電話にも利用できますし、あとは、どれくらいでバッテリーがへタるか、ですかね。

それにしてもiPhone五回分で2,480円は安い!

と言う事で、僅か約2,500円でコレだけ色々付いている大容量バッテリーが買えてしまうとは私、大満足しました!

もう少し小さいモノなら、約1500円で、こんなのもある様です。

2,280円で10,000mAhの大容量バッテリー、こんなのもありました。これは気になる!!